鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪のお稲荷さん 3
大阪府の大阪市以外のお稲荷さん。
大阪府神社庁のサイトに載ってる、法人登録されてる神社。


P1350315_2017020422550755f.jpg

(柏村)稲荷神社
八尾市柏村町4-107
倉稲魂神
拝殿前にキツネ像。

P1350317.jpg

微妙な赤い鳥居。
サーモンピンク?

P1370074.jpg

(歩人山)稲荷神社
高槻市津之江北町1
倉稲魂神
正面の鳥居は石性の明神鳥居。
拝殿前、参道の途中から連続の鳥居。

P1370081.jpg

本殿の裏には、神名の書かれた石碑がいっぱい。

P1370562.jpg

(豊中)稲荷神社
豊中市本町7-3-7
宇迦御魂神
拝殿前は、キツネではなく狛犬。
ここは台輪鳥居はあれど、連続の鳥居がないなーと思ったら。

P1370574.jpg

連続と言うには微妙。
2基だし、離れてるし。
そして、先にあるのは松尾神社だし。

P1150701.jpg

信田森神社(葛葉稲荷)
和泉市葛の葉町1丁目11−47
宇迦御魂神
JRの駅から、断続的に鳥居が続く。
神門をくぐって、拝殿まで連続の鳥居。

P1150710.jpg

ここは、末社がいっぱいあって、石碑タイプも祠タイプもたくさんある。
キツネもたくさん居る。
タヌキも居る。

GEDC4124.jpg

瓢箪山稲荷神社。
東大阪市瓢箪山町8-1
保食大神
裏参道の方は、連続の鳥居。

GEDC4105.jpg

瓢箪山古墳。
大塚さんと鬼塚さんが。
じゃなくて。
大塚と鬼塚からなる双円墳。
大塚は狐塚と呼ばれ、神狐が住み着いていたという伝説があるとか。

そして、瓢箪山稲荷と言えば「辻占」
辻占にもいろいろあるようで、帝都物語でも、
町に出てはじめに聞こえてきた言葉で占うとか出てきた記憶が。
ここの辻占は、見かけた人の特徴で占う。
いっぺんやってみたいが、結構いいお値段だった記憶。

三大稲荷の一つという話だけれど、
三大稲荷は伏見稲荷と、あとは諸説ありだとか。

つづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大阪のお稲荷さん 2
本当は前回ここまで書きたかったけど、
無駄に長話になったので、分割。

お稲荷さんと言えば、キツネと赤い鳥居、連なった鳥居。
そのほかにも、稲荷神社で結構見るけど、
ほかであんまり見ないかもと言うもの。

あ。
今「みない」で変換したら「薬袋」ってでた。
これ、「みない」って読むんだ。
へー。
でも何で「見ない」より先に出る?

で、稲荷神社で頻繁に見るもの。
特に大きめの稲荷神社。
それは、多数の境内社。
ていうか、お塚。

総本社クラスの神社だと、確かに多数の境内社が
祀られているところはたくさんある。
お稲荷さんで見たのはちょっと雰囲気が違う。
お稲荷さんの総本社、伏見稲荷の稲荷山を
小さくしたらこうなるか、と、納得もするけれど。

P1370080_20170203174133f89.jpg

高槻の歩人山稲荷神社

祠のあるものもあるけれど、こんな感じで石碑に神名の彫ったものがずらり。
京都の、吉田神社の竹中稲荷とか、建勲神社の入り口付近とか。
…って、書いて今思った。
稲荷神社って言うより、稲荷コーナーというか稲荷エリアでよく見る、って感じだわ。
でもまあ、ここまで書いたから、このまま続けちゃおう(;^ω^)

でね。
大阪の、和泉市信田森神社、いわゆる葛葉稲荷ですけど。
そこに、確か65くらいの境内社があって、何でこんなにあるんですか?
と、おたずねしたら、この神社には滝行場があって、
そこに集まった人たちがそれぞれの「講」の神様を祀ったからなんだと。

P1150742_20170203174128378.jpg

滝行場。

滝行って、山の中でするイメージがあるけれど、
こんな高低差のないところにもあるんですね。
現役かどうかは知らないけれど。

で。
話が本題からそれるのはいつものこと(笑)
大阪の都市部の滝行場っぽいところ。
本当に滝行場か、現役かどうかはさておき。
ここ滝行してたんじゃないの?ってところ。

P1270263_201702031741308c8.jpg

天王寺区 産湯稲荷神社
壁に蛇口のひねるところがついてたから、そこをひねって水を出すのかな?
すぐそばに井戸あり。

P1280330_20170203174131673.jpg

吹田市 垂水神社
千里丘陵の高低差。
小瀧と本瀧があるようで、これはどっちだったかな?

P1380143_20170203174158b24.jpg

阿倍野区 股ヶ池明神
階段下っていくとお不動さん。

P1050232.jpg

神社じゃないけど、天王寺区の清水寺。
玉出の滝は大阪市唯一の天然の滝。
上町台地の高低差ってやつ。

つづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大阪のお稲荷さん 1
大阪のお稲荷さんと言えば、三角形で…って、ちゃうがな(笑)
いや、ちがわへんけど。
大阪のいなり寿司は三角形ですけども。
そうじゃなくて、大阪の稲荷神社のお話。

余談ですが、いなり寿司の写真を載せようと、スーパーに行ったら、
見事に巻き寿司オンリーだったわ(笑)
去年まで、晩飯時に買いに行って、
見事に高い「恵方巻き」しか残ってなかったけど、
今年は普通に切ってない巻き寿司ゲット(笑)

さて、大阪云々の前に。
でんでんじゃないわようんぬんよ。

お稲荷さんて、なぜか好き嫌いが語られてるように思う。
神社全般の好き嫌いとか、個別の神社の好き嫌いじゃなくて、
お稲荷さんが好き、キツネさんが好きとか、
お稲荷さん怖い、嫌い、とか。
江戸じゃ「伊勢屋、稲荷に馬の糞」と、
巷にありふれたもののことを言ったようですが。
数が多いからでしょうか。

神社の数で稲荷神社と一二を争う八幡様だと、あんまり聞かないような。
八幡様好き、鳩好きとか、八幡様怖い、嫌いとか。
ほかの神様でも、好きはともかく怖い嫌いはあんまり聞かない。
何ででしょうね?

あと一口に稲荷神社と言っても主祭神がいろいろあるとか。
+αはあれども、神明神社なら天照大神だし、
八坂神社なら素戔嗚尊、厳島神社なら市杵島姫、住吉神社なら住吉神。
ざっくり想像できるけど、稲荷神社はふたを開けてみないとわからない。
稲荷“神社”だと思って行ってみれば、祀られてるのはダキニ天で仏教系だったり。
神道系でも、宇迦御魂だったり、保食だったり豊受姫ほかいろいろだったり。
ご祭神見てここは保食の受け持ち(笑)とか言ったりするわけです。
こういうあやふや(?)なところが怖いのかしら?
実に神社っぽいと思うんですけど。

さて、それで、稲荷神社と言えば。
まずはキツネ。
神使像のキツネですね。
稲荷神社に行けば、狛犬よろしく一対のキツネが、
鍵とか稲とか巻物とかくわえてたりするのです。
もちろんくわえてないのも居るし、バナーに使ってるキツネのように、
みかん宝珠をくわえてるのとか。

GEDC4091_20170203162827687.jpg

東大阪市 瓢箪山稲荷

ほかにも手水の水口とかその他いろいろのキツネ像。

そして鳥居。

P1400101.jpg

中央区 五社稲荷大神

稲荷神社と言えば、こういう連続した鳥居を思い起こす。
でも案外大きいとこだと、いきなり連続鳥居じゃない方が多いし、
小さいところだとそもそもスペース的に無理ってところも多い。

大きい鳥居をくぐって、拝殿の前とか、本殿は別の神様で、
境内社としてのお稲荷さんの前とかに多いイメージ。

P1110446.jpg

ちなみに玉造稲荷のこの連続鳥居は厳島神社のもの。
連続の鳥居と言えば稲荷の鳥居と思ってたところにこの鳥居。
そっかー、稲荷神社の中の連続鳥居は、厳島神社かー。
こりゃあ一本とられたな、アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

P1370548-1.jpg

そしてもう一つ、稲荷の鳥居と聞いて思い浮かぶのは、赤い鳥居。
連続の鳥居も、合間に石鳥居や白鳥居が入ってることもあるけれど、
おおむね赤い。
赤鳥居の入ってない連続鳥居はちょっと思いつかないが、
あるかもしれない、あったら見てみたい。

でも、稲荷の鳥居は赤い鳥居っていうイメージは間違ってないと思うけど、
赤い鳥居=お稲荷さん、じゃ決して無いからね。
平安神宮も厳島神社もお稲荷さんじゃないからね?
弁天さんや、龍神さん(巳ぃさん)も赤が多いイメージ。

お稲荷さんの赤い鳥居というと、赤一色より、
頭と足下が黒の、上の写真のイメージ。
上の写真は亀腹が黒だけど、藁座って言って、黒靴下はいたみたいなやつ。
それと台輪。

P1370547_20170203163333c77.jpg

こんなやつ。
でもまあ、神社の鳥居って言うのは、この神社にはこの鳥居って、
傾向はあっても決まりはないようで。

P1180663_201702031628306b3.jpg

西区の土佐稲荷は、公園側から入る最初の鳥居が、
柱が四角柱の住吉鳥居なんだな。

つづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
北々北向地蔵尊
大阪市中央区上本町西1丁目1

玉吉稲荷大明神から、上町筋を北へ歩いて行く途中、
ちょっと横道を覗いたらなにやら気になる建物が。

P1420821.jpg

何かマンションの中庭的なところにちょっと大きめな地蔵堂。
建物は地図で確認したら、上本町変電所だった。
変電所って何か、こう鉄塔やら、もっとメカメカしいものが
むき出しになってるイメージだったが、そうでもないのか。
変電所は写真には写ってないです。
変電所の南側に北向に建ってる地蔵さん。
北向地蔵だし。

P1420822.jpg

ここも思い出せば、玉吉稲荷を検索してたときに、地図で見てたわ。
ずいぶん立派な地蔵堂だなって。

P1420823.jpg

裏返ってるけど、北々地蔵尊ののぼり。
これはやはり、読み方は「キタキタきたむきじぞうそん」なのか。
だったら、地蔵盆にはみんなで腰蓑つけて、
ひーらりひらひらひひらひらー♪
と、踊るのか(笑)

そういえば、グルグルはまたアニメ化だって。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
玉吉稲荷大明神
大阪市天王寺区上本町3丁目2

むねぇ~につけぇ~てるまーくはりゅーせ~♪

名称不明神社を出て、さて梅田で買い物でもしようかと、
地下鉄の駅に向かう前に、今回もポケストップを確認。
最近すっかり、ポケモン捕まえるより、
見落としがちな小さい神社探しのお助けアプリ化してる
ポケモンGO(笑)
そして見つけた赤い鳥居のポケストップ。

P1420813.jpg

時々立ち止まって、ポケモンGOを確認しながら進む先には、ひかりのくにが。
ひかりのくに!
いつの間にM78星雲に!
じゃなくて。
前に、大阪市内の小さい神社をネットで調べてたときに、
ひかりのくにの裏側の神社は、情報出てたなーと。

P1420814_20170128175824de3.jpg

先に調べたときは、てっきりひかりのくにの企業内神社かと思ってたけど、
完全にお隣ですね。

P1420816.jpg

たまきち稲荷か、たまよし稲荷か。
人名+稲荷もよくあるし、玉○稲荷もありがち。

P1420818.jpg

中も外も、ぴかぴか新しい感じでした。

余談。
ポケストップを見てたら、ここから東にちょっと行ったところにも、
玉吉稲荷のポケストが。
同名の稲荷神社が近距離でもう一つ?
疑問に思いつつも、向かってみたところ、
ポケストップは回せるけれど、神社はない。
写真をじっくり見ると、どうも同じ稲荷神社が、二つ登録されてるみたい。
こういうこともあるんだね。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
名称不明の神社
大阪市中央区谷町7丁目1

地下鉄谷町六丁目駅で降りて、空堀ど~り商店街を抜ける。
なんか見たことある風景、と思ったら、
前に榎大神に来たとき通った道だわ。
この先、公園を行き過ぎて、たばこ屋のところを左に行けば、榎大神。
今回は公園の手前、電気屋のところを右に入る。

P1420808.jpg

中学校の手前で右を向く。
おお、あれだあれだ。

P1420810.jpg

ちょっと古いが、鳥居もあって、台座もしっかりしている。
鱗紋と言うことは、巳ぃさんか。

P1420812.jpg

何か名前のわかるものは?と中を覗く。
巳ぃさんがお祀りされてるのは間違いないようだな。
よく見れば小さい灯籠に名前が!
なになに、堀田大…明神ね?…って、あれ?
よく見たら奉納者のお名前でした(;^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
生國魂神社 4 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市天王寺区生玉町13-9

P1020252.jpg

鳥居をくぐって左側。

P1020254.jpg

精鎮社。
ご祭神は、事代主神、比咩大神。
この比咩大神は、弁天さんで、元は参道にあった蓮池にあったそうで、
そのためか、両部鳥居の下は池。
アクリル板越しに覗けるようになっている。

P1420801.jpg

鯉が泳いでるんだけど、見えるかなー?

P1420802.jpg

こっちの網越しの方が見えるか。

精鎮社の奥に行くと、近い方から、

P1020270.jpg

稲荷神社。

P1020268.jpg

源九郎稲荷神社。

P1020259.jpg

鴫野神社。

P1420799.jpg

鴫野神社の裏側には、枯れたご神木があって、これはこれで祀られている。

P1140735.jpg

ご神木の傍らに、置かれた石。

P1140736.jpg

金龍大神と書いてある。
ご神木だし、巳さんかな。
ふと、和歌山のあの石を思い出したが、あれとくらべるとだいぶ大きいので、
社号標か、塚の石碑みたいなものか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
生國魂神社 3 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市天王寺区生玉町13-9

P1020250.jpg

皇大神宮の右にある「順路」通りに進む。

P1020252.jpg

鳥居の向こうに並ぶ境内社。

P1020277.jpg

写真には三社しか写ってないけれど、四社並んでいる。

P1420803.jpg

この間行ったとき、鳥居のすぐ右に、銅像が建っているのを見つけた。
あれー?
前からあったっけ?
織田作之助の像。
台座の説明文によると、平成25年の作のよう。
ちなみにほかの写真は、だいたい平成23年の写真。

P1020257.jpg

向かって左側から、城方向八幡宮(きたむきはちまんぐう)
城方向と書いて、きたむきと読むのか。
確かに大阪城は、いくたまさんの北方向。

P1020274.jpg

鞴神社(ふいごじんじゃ)

P1020275.jpg

家造祖神社(やづくりみおやじんじゃ)

P1020276.jpg

浄瑠璃神社

「4」に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
いくたまさんの御朱印
大阪市天王寺区生玉町13-9

1月限定でいただける、生國魂神社の干支朱印。
ぐずぐずしてたらこんな時期になってしまったが、どうにかいただきに行けた。

P1420824.jpg

2017年、平成29年、丁酉の御朱印。

P1420805.jpg

この日のいくたまさんは、蝋梅が咲いてましたよ。
ていうか、もう1月下旬じゃん。
そろそろ早咲きの梅が咲く頃だな。

干支朱印をもらい始めてようやく6年。
やっと十二支の半分まで来ましたよ。

j-o-ikutama-t.jpg j-o-ikutama-m.jpg j-o-ikutama-u_20170126015344f10.jpg

j-o-ikutama-h_20170126015338bef.jpg j-o-ikutama-s28_201701260153417e7.jpg

60年コンプリートはさすがに無理でも、十二支くらいは集めたいな。
あーでも、こうして並べると、
なんやかんやでほぼ松が明けてからしか行ってないな(笑)

b-ikutama_201701260152368ed.jpg

b-ikutama2_20170126015237410.jpg

生國魂神社の御朱印帳。
去年ピンクのが出来てたと思ったら、今年は紫も増えてました。
最近街角小祠ばっかり行ってて、全然御朱印帳持って歩かないから、
購入は見送り。

j-o-ikutama_20170126021623354.jpg

ちなみにこちらが、以前いただいた通常の御朱印で、

j-o-ikutama-s_201701260216247ed.jpg

こちらが神仏霊場会の御朱印。
生國魂神社は神仏霊場会48番になってるんだけど、
御朱印のサンプルには、この御朱印が貼られてなかったんだけど、
おおっぴらにやってないだけで、お願いすれば書いてくれるのか、
通常の御朱印に統一したのか?
神仏霊場の張り紙はあったので、御朱印のサンプルがないだけなのかな?
専用集印帳のみだったりするのかな?
私がいただいた26年当時は、
「神仏霊場の御朱印ていうのがあるんですか?」
と聞いたら書いてくださいましたけど。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 857、858
やっとこさコタツ沼から抜け出して、
いくたまさんの干支朱印をもらいに行ってきた。

P1420811.jpg

名称不明

P1420814.jpg

玉吉稲荷大明神。

P1420807.jpg

いくたまさんの鳥居。
三鳥居の鳥居だった。

P1420806.jpg

三鳥居じゃなくて、サントリーだったわ(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。