鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石山若宮三吉大明神
大阪市中央区大阪城1−1天守閣裏東の角。

天守閣の東側。
金蔵と、市立博物館の間を東に、そこから北への一本道を行く。

P1340476.jpg

角っこに朱い玉垣。

P1340477.jpg

鳥居とか石仏とか。
鳥居の向こうは三基の石碑。

P1340478.jpg

社号標かと思ったら、社殿建立の碑だった。

P1340487.jpg

手水。

P1340479.jpg

無縁仏回向供養塔。

P1340484.jpg

石山若宮三吉大明神。
もしやこれが神社名か。

ここの神社をネットで調べても、ほとんど出てこない。
石山若宮大明神だと、宙海さんのぐるぐるが、
若宮三吉大明神で、別のサイトが、ヒットするだけ。
石山若宮三吉大明神だと、何も出てこない。

P1340483.jpg

鳥居の柱に書かれているだけではなく、あちこちに「大林組」の文字。
今の大阪城の天守閣は、大林組の施工だから、大林組の人がその時、
この神社を建立したんだろう、ということ以外はよく解らない。

P1340485.jpg

石山若宮大明神の石碑の後ろの、倉庫の壁に、
「ここの歴史的経緯とか、よう解らんので、
知ってる人おったら教えて、公園事務所に電話して(意訳)」
との、貼り紙があるくらい。

この間まで、自転車で行けるところに、大林組の本店があったんだから、
それはもう調べてるんだろう。
昭和の話でも、間に戦争が挟まると、いろいろ焼けちゃったりしてうんだろうな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。