鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤之森稲荷神社
川西市小花1丁目8

川西能勢口の駅から南東へちょっと行ったところ。

P1340177.jpg

ビルの駐車場の、入り口の向こう側に鳥居。

P1340183.jpg

階段上って、キツネと、鳥居。
真ん中の玉垣あたりが拝殿か。

P1340184.jpg

と、思ったら、なんもないやん。
ただ、玉垣で四角く囲われてるだけの場所。
箱になってるわけでもなく、古札等が入れられているわけでもなく。
謎。

P1340186.jpg

その向こう側に祠。

P1340187.jpg

その後ろに小さい祠みっつと石碑がひとつ。

入り口にあった看板によると、昔からこのあたりに「藤木」という武士が
代々住んでいたが、室町時代の代に、世継ぎに恵まれず、最後の当主が、
自分が死んだら、藤の木を植えて祠を作り「藤木」の名を残すように
遺言して亡くなったのが、この神社の始まりだそうです。

御祭神は藤の森稲荷大神。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。