鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
法楽寺
大阪市東住吉区山坂1-18-30
通称たなべのお不動さん。

去年の年末、今年の元日のブログ用に、
羊関係の写真が欲しいなーと、調べてみた。
名古屋に、そのものズバリの羊神社がある。
名古屋かー。
日帰りで行けないこともないが、ちょっと遠い。
京都の野仏庵。
叡山電車かー、ちょっとお金科かるー、名古屋よりマシだけど。
同じく京都の法輪寺。
アレは羊なのか?山羊ちゃうんか。
伏見稲荷の外っかわ。
あそこで調達するのは、チートだわー。
しかも行ったのに撮ってないわー。

さあどうする。
名古屋か、一乗寺か。
それとも法輪寺で妥協か。

と思ってたら、大阪にもあった。
田辺のお不動さんに狛羊、という記事を見つけて、
ああ、これなら行ける、と読み進めてみたら、
その狛羊まとめ記事を書いている方が、
「探したけれど、画像見つけられず」と。

これはあれか?
ご本堂にいて、撮影禁止とかそういうのか?
とりあえず、一か八かで行ってみて、だめだったら
名古屋か京都に行こう、と、出かけてみた。

P1330736.jpg

入り口。

P1330740.jpg

手水の水口は、水差し型。

P1330741.jpg

フタは、狛犬かな?

P1330742.jpg

握りは龍。

P1330745.jpg

水掛不動さん。

P1330747.jpg

お不動さんの後ろの楠は「楠大明神」として祀られている。
そして、その鳥居の両側に、キツネさん2対。
お寺でキツネといえば、陀枳尼天だけど、関係あるのかないのか。

P1330749.jpg

今回またうっかり、ご本堂を撮り忘れた。
お地蔵さんの後ろに写る建物がご本堂。
ってことで、ここはひとつ…(;^ω^)

お地蔵さんの前に、般若心経の書かれた石盤があったので、
一応唱える。
この横に、マニ車もあったので、まわしておく。

t-o-houraku.jpg

だから今回は納経印。
ご本尊は不動明王。

さて、ご本尊様へのお詣りを済ませたが、羊は見あたらない。
本堂って、薄暗いから、見落としたのかな?
まあ、とりあえず、境内を一周するか。

P1330750.jpg

本堂に向かって、左に行くと、なんか石碑が建っている。
田辺大根の碑、だそうだ。
ああ、そういえば、石碑の斜め切りの所に、大根。
足下にも大根が植わってるわ。

P1330764.jpg

って、裏側やったんかい。
で、こっちに廻って気がついた。

P1330760.jpg

本堂の左壁際にも、巨大大根(笑)
これはなんだ、ベンチかテーブルか、まな板か。
そして、そんな本堂左側を、奥に行くと。

P1330754_20150125220016f18.jpg

羊発見ー。
仏様に連れられた2匹の羊。
法楽寺の羊、田辺のお不動さんの羊。
思いっきり解りやすい外にいました。

ということで、元日の記事は、無事狛羊を乗せることが出来ました(^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)