鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熊野神社 2
西宮市熊野町3-26
算学神社。

さて、熊野神社に来たのはひとつ、見たいものがあったから。
テレビで、ここには「国内唯一の」数学の神様を祀る神社が
あると言っていたから。

この手の「日本唯一」って、結構調べたら他にもあるじゃん、
て、事があるんだけど、ここはどうなんだろうか。
とりあえず、今まで私の廻ったところにはなかった。

P1330010.jpg

ここか。
いや、隣か。

P1330008.jpg

こちらの、鳥居の奥の祠か。

P1330009.jpg

社号標。

P1330012.jpg

祠の隣にある、日本の数学、和算、そろばん教育の祖、
算学神社の御祭神、毛利重能の碑。

P1330007.jpg

祠。
和算は、歴史系の番組とかで時々取り上げられていたのを見たことがある。
難しい数学の問題を、クイズを解くような感じで、皆で楽しんでいたとか、
その問題とかを額や絵馬にして、神社仏閣なんかに奉納した「算額」が
祀られた神社は、数多くあるらしい。

あと、日本の田圃は、方形ではないものが多く、年貢の計算とかで、
曲線を含む田圃の面積とかを計算するので、
農民は、その手の計算には強かったとか、何処かで見た気がする。

P1330014.jpg

ご朱印を頂きに行った授与所に、そろばんが掲げられていた。
お正月と、8月第一日曜のお祭りの時に、そろばんで出来た御神輿がでるとか。

j-h-kumano.jpg

ご朱印。
算学神社のご朱印はないですか?と、お尋ねしたけど、ないそうです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。