鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥山稲荷神社 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


和歌山市吹上1丁目4

P1010360.jpg

和歌山城から、道を渡って、ここまで上る。

P1010344_20141222210407505.jpg

さらに階段。

P1010346.jpg

手水舎。

P1140342.jpg

禁殺生の碑。
上の看板に、初代和歌山藩主、徳川頼宣が書かせた碑、
であるようなことが書かれているようだが、字が薄くなってて
読み取れないところもある。

P1010348.jpg

岡山の時鐘堂。
徳川吉宗が、紀州藩主だった当時に設置されたもので、
時刻を知らせるための鐘。
時刻を知らせる鐘は、大阪にも残っている。

大坂町中時報鐘

P1140348.jpg P1140347.jpg

拝殿前のキツネ。
牙がすごいような気もするが、なんか可愛い。

P1140346.jpg

ちょっと変わったシッポ。

P1010352.jpg

拝殿。

P1010356.jpg

拝殿に掲げられた御祭神の額。
稲蒼御魂命、照川大明神、葛葉大明神、
幾田大明神、吉田大明神。

初代和歌山藩主、徳川頼宣が、駿河の国よりお国入りしたときに、
和歌山城の守護として当地に御遷座申し上げたのが、
この神社の始まりなんだとか。

j-w-okuyama.jpg

ご朱印と、

P1140349_201412222142032b9.jpg

例の石。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。