鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
謎の石板
友達の宙海さんが、「奥山稲荷」の記事を載せたところ、
そこに写っていた石板について、「これは何?」とコメントをいただいたそうだ。
で、一緒に行った私に「なんやろな?」と、電話掛けてきたもんで、
二人でああでもない、こうでもないと考えたり調べたりした結果。

さっぱりわからん!

と、いうことで、うちのブログにもアップしてみることにした。

P1140349.jpg

和歌山城を見下ろす高台にある、
奥山稲荷神社の、境内にある灯籠に置かれた石板。

P1140349-1.jpg

石に彫った文字に、塗料が入れ込んでる感じ。

そういや、須佐神社にもあったな、って話になった。

P1040761.jpg

旧社格縣社の須佐神社。
2~3年前に行ったときの物で、周辺の写真はないが、
確か、参道の階段の、踊り場の横の平地にあったと思う。

で、二人で、
「和歌山でしか見ないな」
「いやしかし、二人とも見落とし多いしな」
「願掛けかなんかかね?」
「老人会の、クラフト教室とか?」
と、盛り上がってて、思い出した。
「箕嶋神社にもあったわ」

GEDC1047-1.jpg

祓戸大神。

GEDC1047.jpg

上二つとはちょっと違うけど。
ほとんど加工した感じのない石を彫って、塗料を入れた感じは同じ。
そして3件ともなんとなく字体が似ている。

でも結局、よう解らん、と言うことになったので、
「堺市から南はチミの管轄だよぅ、宙海君~」
と、ぶん投げといた(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
わざわざ調べて頂き
ありがとうございました。

こっちでは、全く見ることがない物だったので、ちょっと興味があったのですw

なるほど、和歌山にしかないのですね

確かに字体は似てるかも・・・

もしかして、同じ人が参拝の証として置いていってるとか?
2014/08/05(火) 01:01:39 | URL | byのら (#-) [ 編集]
Re: タイトルなし
なんか、横から“いっちょかみ”したみたいになってしまいましたが(笑)
私は、実のところ、石を彫る機械を買ったので、ちょっとやってみました、
みたいな感じじゃないかと思ってるんですが(笑)

2014/08/05(火) 18:24:22 | URL | by猫舌=・ω・= (#EpxNsFzw) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)