鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
野々宮神社
堺市中区深井清水町3839

泉北高速鉄道深井駅から北西へ。

P1280887.jpg

行き着いたのは駐車場入り口の鳥居と社号標。

P1280901.jpg

正面鳥居の横の社号標は、こんな感じ。

P1280907.jpg P1280906.jpg

ちょっぴりうなだれた感じの狛犬。

P1280905.jpg

拝殿。
御祭神は、素盞嗚尊・火産霊神・菅原道真公。

j-o-nonomiya.jpg

ご朱印。

野々宮神社と言えば、神宮の斎王に選ばれた皇女が、
伊勢に赴く前の潔斎所とした場所の後に立てられた神社、だと思ってたので、
天照大神や、斎王に選ばれた皇女が祀られてるとばかり思ってたが、
ここの御祭神は男神三柱。

御朱印を書いていただいたときに、御祭神は天照大神じゃないんですね?と聞いたら、
野々宮神社の御祭神は、素戔嗚尊ですよ、と言われた。
伊勢の斎王の潔斎所と、素戔嗚尊がどうしても結びつかず、
とは言っても、よく考えてみれば、野々宮神社全て調べたわけでなく、
宮司さんが言うんだから、そうなんだろうな。

女ばかりと思いこんできたら、おっさん3人でビックリ、見たいな(笑)

元々は農業の神火の神として崇拝され、明治の頃まで神仏習合で、
香林寺と併存していたが、神仏分離で香林寺は廃寺となった。
と、いうことで、京都の野々宮神社、野宮神社、斎宮神社とは、
名前は同じでも、成り立ちが違う、系列が違う、といった感じなんでしょうか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
2014.04の末頃のお出かけの記事になります。 今回は大阪の堺市を 猫舌さんと一緒に巡りました。 まず、最初に訪れたのは 泉北高速鉄道深井駅から少し歩いた所にある 野々宮神社 大阪府堺市中区深井清水町3889番地 火の宮と呼ばれています。 ↑ クリックで大きくなります。 こちらの...
2016/01/24(日) 16:36:10) | ぐるぐる