鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
率川神社のご朱印
奈良市本子守町18番地
いさがわじんじゃ。

P1270981.jpg

拝殿。

P1270985.jpg

桜。

j-n-isagawa.jpg

ご朱印。
お詣りすること3回目で、やっといただけたご朱印。

神社のことは過去記事に書いたから、そちらで、とリンクを張ろうとしたら、
ご朱印がもらえなかったんで、どうせまた来るしー、
みたいな簡単記事になってたので、
改めて、以前の写真を引っ張り出してきた。

P1220261.jpg

手水舎。

P1220262.jpg

水口は、お花の形。
この神社のシンボルの笹ユリかな。

GEDC4226.jpg

拝殿。
御祭神は、媛蹈鞴五十鈴姫命・玉櫛姫命・狭井大神。
媛蹈韛五十鈴姫命は、初代神武天皇の皇后様だそうです。

「全国の神社の中で皇后様を主祭神とした神社は数えるほどしかありません。」
と、神社の公式サイトにはあったけれど、神功皇后が主祭神って、結構見るような?
それは関西中心で、全国的に見たら、少ないのかな?

 三棟の本殿左側には父神の狭井大神、右側には母神の玉櫛姫命をお祀りし、
中央に子供(媛蹈韛五十鈴姫命)を両親がよりそうように守る姿で鎮座されることから、
古くより「子守明神」とたたえられているそうだ。

周辺には、春日大社の境外社が多い中、ここは大神神社の境外社で、
奈良市最古の神社だとか。

GEDC4239.jpg

おまけ。
猿沢池の西側を、南に、ならまち方面に行く途中の小川。
舟形の小島に、石仏がいっぱい。
その背中に立つ石標に、「率川」の文字。
この川が率川なんでしょうか。
大雨が降ったら、石仏は沈んじゃうんでしょうか。
あんまり水量のない川のようだけれど。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
こんばんは。過去記事にごめんなさい。

奈良市最古…って、すごくびっくりです。
バスの待合室みたいな外観なのに、すごいなあ。

舟形の石仏様ご一行様、れっつ修学旅行!にも、れっつ三途の川!にも見えます(・・;)
今度奈良に行ったら探してみます。ありがとうございます。

2014/05/29(木) 00:28:45 | URL | byつねまる (#pjmS0te2) [ 編集]
Re: タイトルなし
そうなんです、ここが奈良市最古の神社なんだそうです。
すぐ近くに春日大社があるのに、大神神社の摂社が最古なんだーと、
神社の看板を見たとき思いました。
いや、大きさと古さは、関係ないと解ってますけど(;^ω^)

船に乗った石仏様は、興福寺南円堂から、猿沢池に続く階段から、
猿沢池の西側を通る道を、南に下って、池の南西側にあります。
よかったら、探してみてください。
2014/05/29(木) 08:47:00 | URL | by猫舌=・ω・= (#EpxNsFzw) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
漢國神社の次に行ったのは 率川神社(いさがわじんじゃ)です。 通称、子守明神 飛鳥時代、推古天皇元年(593)大三輪君白堤が 勅命によってお祀り申上げた奈良市最古の神社です。 御祭神 媛蹈韛五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと) (御父神) 狭井大神(さいのおおかみ)  (御母神) 玉櫛姫命(たまくしひめのみこと) ...
2014/06/09(月) 11:05:40) | ぐるぐる