鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
猿田彦神社
京都市右京区山ノ内荒木町3

嵐電、またはバスに乗っていくのだけれど、
今回は嵐電一日乗車券を使った。
そして、最寄り駅は、山之内駅となっているところもあるが、
実際、嵐電天神川(地下鉄だと、太秦天神川)から、
南東へ行く方が早い。

そして、後述の理由により、猿田彦神社から、
山王神社へ向かうコースを取っていたので、
嵐電天神川→猿田彦神社→山王神社→山之内、と進んだ。

p.jpg

社号標と鳥居。

P1250228.jpg

手水舎。

P1250233.jpg

稲荷社。
稲荷大神。
秋葉社。
火伏の神、秋葉明神。

P1250243.jpg

大国主社。
大国主命。
しかし、社殿前にはえびす像。
事代主も、お祀りされてるのかな?

P1250240.jpg

拝殿側にも、社号標。

P1250246.jpg

拝殿。

P1250241.jpg

本殿。
御祭神は猿田彦大神。

P1250249.jpg

本殿前には、見ざる言わざる聞かざるの三神猿と狛犬。

P1250250.jpg

左側にも。
ガラス戸の中も猿。
吽形の狛犬が、猿っぽく見える。

P1250251.jpg

あ!猿が、お供え物を!
と、いう風に見える、本殿の木彫りの猿。

御朱印をいただこうと、社務所に行くと、兼務されている方が、
午後にしかいらっしゃらないので、今は書ける者がいない、と言う。
では、また来ますと、神社を後にしたが、私にはひとつの目論見があった。

数年前、神社巡りを始めた頃、嵐電の初詣切符に、いくつかの周辺神社の、
記念品がいただけるクーポンが付いていた。
当時は、ここ猿田彦神社の記念品もあり、引き替えは山王神社でと、なっていた。
それまでの経験上、猿田彦と山王は、兼務社ではないだろうか。
つまり、山王神社で、猿田彦神社のご朱印がいただけるかも。
そういう計算で、猿田彦→山王、と言うコース取りにしていた。

j-k-sarutahiko_20140108230120038.jpg

そして思惑通り、山王神社で、猿田彦神社の御朱印をいただいた。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)