鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
千姫天満宮
姫路市山野井町1-3

P1240482.jpg

水尾神社の左側、石鳥居の正面にある階段。
ここを登って、千姫天満宮へ。
階段脇の石標は「男山八幡宮参道」になってるが。
もちろん、最終的には男山八幡宮に行く。

P1240483.jpg

途中にカエル。
登りはじめで、もう帰る、とは行かない。
このカエルは、幸福の蛙で、「宝かえる、無事かえる、若かえる」の
三福蛙なんだって。

P1240484.jpg

もう一息で、千姫天満宮。

P1240489.jpg

神社の手前に、記念の石碑。
尾張徳川家第二十一代徳川義宣と、書いてある。
ずいぶん新しい、と思ったら、最近の人だった。

P1240487.jpg

到着。

P1240509.jpg

拝殿。
御祭神は菅原道真。
徳川秀忠の娘で、豊臣秀頼の正室だった千姫が、本多忠刻と再婚後、
忠刻が姫路城に移ったとき、共に姫路に移り、この神社を創建したんだとか。
そのため、姫路城から参拝できるよう、お城の方を向いて立ってるんだとか。

P1240507.jpg

天満宮の牛も、梅鉢だけでなく、三つ葉葵もつけてます。

P1240497.jpg

本殿。
これを撮るために、社殿の裏に回ってみると。

P1240503.jpg

山腹に、石仏と祠。

P1240500.jpg

仏さんの方はよくわからないが、祠の方は、
石標に「男山行者神変大菩薩」とあるので、
役行者の祠だろう。
千姫天満宮の裏にある、と言うより、男山の中腹にある、って感じなんだろうな。

j-h-senhime.jpg

水尾神社でいただいた、千姫天満宮のご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)