鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
柿本神社の手水
柿本神社の手水の水口。

P1230862.jpg

亀のようでいながら亀でない。
亀の甲羅に、耳と牙のある頭。
ガメラなら牙はある。
ニセウミガメなら、耳はある。
なにこれ?

P1230822.jpg

実は、稲爪神社の水口もこれだった。
いかつい亀?
稲爪神社では聞けなかったので、柿本神社で聞いてみた。
あの亀みたいなのはなんですか、と。

答えは「亀」
この辺では亀と呼んでます、と。
亀。
亀なんやー、と思っていると、
この辺では亀と呼んでいるが、実は龍の子供で、
贔屓(ヒキ)というのだと、教えて貰った。

P1230884.jpg

柿本神社の境内にある、明石藩主が造らせたという、贔屓像。

P1230889.jpg

竜生九子という、龍の産んだ9匹の子の一人で、贔屓は、
「形状は亀に似ている。重きを負うことを好む」
なんだそうで。

P1230885.jpg

この像が、でかい石版を背負っているのは、好きで背負ってるのか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
 本日二本目の更新です。一本目「釣りガメラ /01/18 」はこちら。 本項は、石碑をカメが支える亀趺碑(きふひ)、石像、アクセサリ等々「石造りのガメラ」についての情報記事のまとめです。 先月16日更新の「石ガメラ 13/12 」にはこちらから。  前回の「和歌山県、養珠...
2014/01/18(土) 16:49:14) | ガメラ医師のBlog