鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
橋守地蔵
大津市瀬田2丁目1

建部神社を出て、京阪の唐橋前駅を目指す。
バスは目の前で行ってしまったし、「瀬田の唐橋」も見たかったしね。
フラフラ歩いていると、観光地図発見。
どうやら、瀬田川沿いの、唐橋近くに神社がある模様。
そこへ向かう途中、唐橋のたもとに、お地蔵さん。

P1230635.jpg

よくある、街角のお地蔵さん?

P1230634.jpg

右横に、唐橋の架替略歴。

P1230659.jpg

後ろには、橋守地蔵の縁起が。
なんでも、ここに納められている石仏は、昭和51年の架け替え工事の際に、
中央橋脚の基礎の地下から出てきたんだそうで。
そして実はこの石仏は薬師如来像なんだけれども、
一般人に解りやすく、親しみやすいだろうと、通称を橋守地蔵と名付けたとか。

(゚Д゚)え?
如来と菩薩じゃ、格が…とか言うのはおいといても、
お地蔵さんほどでなくても、薬師如来はメジャーだと思うの。
橋守薬師じゃ、ダメだったのかな?


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)