鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
與杼(よど)神社
宇治から中書島へ戻ってきて、さて。
どこへ行こうかな?石清水八幡宮に行くには、時間的にどうかな?
時間より、体力的に、無理か。
と、言うことで、淀へ。

伏見区淀本町167 
與杼(よど)神社

ここは2年前に行ったので、ほとんど写真撮らず。
以下、2年前の写真。

P1010675.jpg

銀杏の葉が、門柱のようにそびえる。
今回行ったときはまだ青々としていた。
最近の紅葉の見頃は12月だよね。

P1010677.jpg

手水舎。

P1010683.jpg

拝殿。

P1010686.jpg

本殿。
豊玉姫命、高皇産霊神、速秋津姫命を祀る。
古くは淀姫社、水垂社とも呼ばれていた。

P1010700.jpg

江戸時代の豪商ゆかりの、大坂淀屋の高灯籠。

P1010703.jpg

台の処に彫ってある名前。

前回行ったときは、まだご朱印を集めてなかったので、もらいに行ったのだが、
まずお詣り、と思って、本殿に向かう途中、ちょうど社務所に
戻られる途中の宮司さんに出会い、いただくことが出来た。

z1230059-1.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)