鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
阿麻美許曾神社
大阪市東住吉区矢田7丁目6-18
あまみこそじんじゃ

大和川近くにある神社。
住所こそ東住吉区だが、松原市天美の氏神で、
地図的にも、大和川を越えて、ちょびっとはみ出したみたいになっている。

P1220876.jpg

社号標。
神社の隣の、駐車場の角に立っている。
鳥居の近く、玉垣の内側に、建てるスペースは充分ありそうなので、
土地の切り売りの名残と言うより、神社の境内ではないが、
神社の持ち物である土地という感じか。

P1220884.jpg

手水舎。

P1220888.jpg

鳥やら、猫やらをよける網付きの手水。
なんとなく、水口の龍の目に覇気がない。

P1220899.jpg

本殿の拝殿。
御祭神は、素盞嗚尊、天児屋根命、事代主命。

P1220896.jpg

狛犬の上唇に、なんか、虫付いてた。

本殿の左手の社務所で、御朱印を頂く。

P1220940.jpg

「最近多いんですよね」
と、なんだか迷惑そうに言われ、テンション下がる。

P1220889.jpg

社務所の向かいのこの鳥居。
これがメインでお詣りに行った。

P1220890.jpg

この変わった額?額束を、朝、よそのブログで見て、
出かけるついでがあったので、その日のうちに見に行ったって言う(笑)

彫ってあるのは「神○天皇遙拝所」だろうか?

普段なら、裏からやら、いろんな角度で撮るんだが、
イラッとしたままだったので、表からしか撮らなかった。
うーん、失敗した。

P1220903.jpg

そして、帰ろうと神門を出たら、鳥居の裏に、神社名があるのを見て、写真を撮る。
よく見るのは、建立日とか、建立者名とか。
神社名そのものは、気づかなかったな。
結構あるんだろうか?

そして、そういえば神門に住居表示があったな、と思い、
最近ブログに住所を載せるようにしたので、
そのために、撮っておこうと振り返ると。

1q.jpg

小さい入り口の処の、青い四角が、番地の書かれたプレート。
その上の屋根の上の柱の処に、猫。

P1220913.jpg

「お宮さん来て、イライラして帰るんもつまらんやろ?
 わしみて、なごんでき」

ああ、ほんまやわー。
なごむわー。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)