鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
松尾大社~旧ブログから
阪急電車の松尾駅を出るとすぐ。

matuo (6)

大きな朱い鳥居と、お酒の神様らしく、徳利の像らしきものが。

matuo (7)

二の鳥居には、注連縄とかじゃなくて、葉付きの木の枝が、フサフサと。
これは、脇勧請と言って、榊の小枝の束を、
平年なら12本、閏年は13本下げる。
この写真は、判りにくいとは思うが、閏年に撮ったものなので、
13本下がっている。

matuo (1)

楼門。

matuo (2)

拝殿。
09年の年末に行ったので、翌年のお正月の飾り付けになっていた。

御祭神は、大山咋神、市杵嶋姫命。

matuo (3)

手水舎。

matuo (4)

撫で亀さん。
松尾大社の神使は鯉と、亀。
手水舎の水口も、亀。

matuo (8)

お酒の神様なので、お酒の資料館もある。

matuo (5)

御朱印。



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
私も行ったことあります
こんにちは。

松尾大社私も行ったことあります。
お酒の資料館の中にあった職人さんのマネキンが、妙に外国人っぽいイケメンだったのを思い出しました。
2013/08/17(土) 15:52:44 | URL | byくりまんじゅう (#-) [ 編集]
Re: 私も行ったことあります
松尾神社は、公式サイトを見ると、
結構広くていろいろありますよね。
実は、公式を見て、私は、拝殿までで帰ってたことに
気づいたのでした(;^ω^)

マネキン。
言われてみれば、普通の衣料品売り場にいるようなのが、いたような?
よく覚えてないけど。
今度行ったら確認してみます(^ω^)
2013/08/18(日) 07:01:42 | URL | by猫舌=・ω・= (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)