鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
須磨寺 1
山陽電車須磨寺駅で降りて、智慧の道を山に向かって進む。
微妙な上り坂を登りつつ思う。
パンフレットには、須磨寺駅下車5分とあったが、どこの段階で5分なのかと。
須磨寺に限ったことではないが、神社仏閣を訪ねるときに、アクセスを調べるんだが、
最寄り交通機関から○分とか書いてあっても、
大規模な寺社でその時間でお詣りできることはまず無い。
山門仁王門楼門鳥居、などの「入り口」までの時間なんだろう。

そして、本殿や本堂までまた坂や階段を上っていくんだ。
下手に駅近の神社なんかだと、駅から神社の入り口より、
入り口から本殿の方が遠かったりするよね。

P1100459.jpg

橋の向こうに仁王門。
須磨寺の場合は、ここまでで5分なんだろうか。
それとももう少し下にあった寺号標石の所までだろうか。
だからどうしたって話だけど。

P1100463.jpg

仁王門くぐって右手に千手観音。

P1100464.jpg

その手前の、弘法岩五鈷水。

P1100465.jpg

大きな岩に、五鈷。

P1100466.jpg

ここからも水が湧き出ているが、

P1100467.jpg

天井の傘の内側から、霧状の水が岩にかけられている。
お大師様の姿を現す岩肌を、水が流れるようにしているようだ。
ミストシャワーは外にも向けて欲しいが、岩にかける水が霧状なのは、
水滴を滴らせると、いずれ穴が穿たれてしまうからだろうか。

P1100468.jpg

中央の参道より、左側の道を行けばいろいろ見ながら本堂に向かえるようだ。

源平の庭。
平敦盛と、熊谷直実の像。

格好いいけど、要は、命のやりとりをする敵味方の図、な訳で。
このあと直実は、世の無常を感じて出家するので、お寺的にはOKなのか。

P1100472.jpg

わらべじぞう。
そういえば、関西ウォーカーの載ってたような。

P1100475.jpg

ぶじかえる。
目玉と首がまわるんだそうですよ。
ビックリしたい人は目玉を、借金で困っている人は首を回してくださいだって。
両方、用はないので回さず。
色づき具合から見て、鉄の心棒が入ってるんだろうな。

P1100476.jpg

宝物館横の牛。
カエル像から、宝物館(休憩所?)に入り、牛の像のところから、
元の参道へ戻って階段を上がると、
本堂の前に出る。

続きは「須磨寺 2」で。
では、休憩(´∀`)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
No title
こんちゃ!

ぶじかえる。
首を回しに行きたい!
家のローンがまだまだ残っているので、
宝くじとか当てて返済出来たらいいのに…
と思ってしまう(笑)
2012/09/19(水) 13:41:39 | URL | by宙海(そらみ) (#9PB4HJUs) [ 編集]
Re: No title
きっとカエルは、ガコガコ鳴くんだよ。
アレかなぁ、ぐりぐり廻るのかな?
視界を広げたい方は、目を。
とかだったら回したのにな(゚∀゚)
2012/09/19(水) 18:34:50 | URL | by猫舌=・ω・= (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)