鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
五条天神社
祇園祭の時にもらった「山鉾周辺マップ」に載ってた神社めぐりに、
松原通辺りをウロウロ。

まずは、五条天神社。
別名天使社。

P1100253_20120907203058.jpg

松原通をまっすぐ行っても、鳥居があったんだけど、アバウトな地図な上に、
その地図すら見ながらでなく適当にこの辺?てな感じで歩くので、無駄に回り道(笑)
西洞院通りに面した方の鳥居から入りました。

鳥居右側の社号標には五条天神宮と書いてありますね。

P1100256.jpg

神門くぐってすぐ左の手水舎。
屋根がカーポート風。
新しいのね。

P1100257.jpg

水口も、水盤もよくあるタイプだった。

P1100255.jpg

参道からの拝殿。
境内に、どどんと駐車車両があるのは、ここも御他聞に漏れず、
月極駐車場になっているからみたい。
左手のビル、マンションかな?ここもこの神社の関係なのか、
社務所がここの一階に入っていた。

御祭神は、大已貴命、少彦名命、天照大神。
天神と言えば菅原道真を思い浮かべるが、元々は天津神のことだったらしい。
あれ?オオナムチ=大国主なら、大国主って国津神じゃなかったけ?
天から降りてきた神様が、国津神の大国主に「この国くれ」って言って
「でっかい神殿立ててくれたらあげるよ!」
で、出雲大社を作ってもらったとかじゃなかったっけか。
また、何か誤解してるのか、私(;^ω^)
天孫降臨前の国造りはしたけど、素戔嗚の子孫だから、
国津神じゃなくて、天津神なのか。
まだまだ読み囓り、聞きかじり知識だから、時系列さえつかめてないぞ(;^ω^)

P1100264.jpg

拝殿の横から覗くと、奥に祠が見える。
境内が駐車場化しているからか、摂末社が本殿裏にあった。

P1100265.jpg

手前から、辨財天、猿田彦神社、稲荷大明神。

P1100269.jpg

こちらは、白太夫神社、大国主神社、金刀比良神社、福部神社。

P1100274.jpg

一番奥が筑紫天満宮。
道真公もちゃんといるんだ。

P1100272.jpg

筑紫天満宮の横には、ちゃんと伏牛もいる。

P1100280.jpg

松原通側の鳥居。
こっちはちょっと小さめの入り口なので、車は西洞院通りの方から入るのか。

P1100276.jpg

こちら側の社号標。
左側面に「筑紫天満宮」

P1100278.jpg

正面はたぶん「皇国医祖神五条天神宮」と書いてある。

オオナムチとスクナヒコナは医療を広めた神様だから、皇国医祖神なのか。
そして、医祖神を一度に変換しようと思ったら、思った通りイソジンがでた。
イソジン、そんなありがたい名前だったのか(゚∀゚)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/10(月) 12:10:48 | | by (#) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)