鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
玉津島神社
塩釜神社に行くために降りた不老橋のバス停。
その隣に玉津島神社前のバス停がある。
が、実は、不老橋バス停側にも、玉津島神社への参道がある。

P1170456.jpg

不老橋バス停近くの社号標。
この写真では解りづらいが、玉津島社、と掘ってある。

P1170459.jpg

道なりに行くと、朱い両部鳥居と桜。
今、ブログ村のバナーに使っている写真も、ここで撮った。

P1170460.jpg

社号標。
「日本一社玉津島神社」
この「日本一社」という肩書きは、どういう意味なんだろうか?
日本で一番?日本にひとつ?

P1170469.jpg

両部鳥居をくぐる前に、隣に並び立つお稲荷さんに詣ったんだけど、
桜ばっかり撮ってて、稲荷社撮り忘れ(>_<)
桜の背景に見切れてた、稲荷社の鳥居。

玉津島神社の御祭神の一柱でもある、衣通姫の名が付いた桜。
伝説の美女の名が付いた桜が、神社のあちこちで、
花を咲かせていた。

P1170476.jpg

手水舎。

P1170477.jpg

拝殿。
御祭神は、稚日女尊、息長足姫尊、衣通姫命。
和歌の神として崇敬されている。
そういえば、京都にも、新玉津島神社があったっけ。

P1170799.jpg

御朱印。
この間も書いたが、ここの社務所で、塩釜神社の分と、一緒にいただく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
日本一社は
玉津島神社という名前は日本にここ1社しかないという意味なんだって。
2013/04/10(水) 09:06:36 | URL | by宙海(そらみ) (#9PB4HJUs) [ 編集]
Re: タイトルなし
なるほど、日本にひとつ、「日本、一社」なのね。
ここから勧請された京都の神社も“新”玉津島神社だし、
分霊とかがないわけではないけど「玉津島神社」はひとつだけ、ってことか。

2013/04/10(水) 21:43:48 | URL | by猫舌=・ω・= (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
鹽竈神社からの続きになります。 次は 玉津島神社 和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-26 御祭神 稚日女尊(わかひるめのみこと) 息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと) 衣通姫尊(そとおりひめのみこと) 明光浦霊(あかのうらのみたま) 社号標に「日本一社」と書いてあります。 玉津島神社という名前は 日本にここ1社しかないという意味だそうです。 ...
2014/10/22(水) 23:14:13) | ぐるぐる