鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
日吉神社(左京区浄土寺真如町)
P1160310.jpg

市バスの錦林車庫前で下りて、真如堂目指して歩く途中にある、
古びた住居表示の近くの日吉神社。

P1160312.jpg

社号標。

P1160345.jpg

P1160342.jpg

神使の神猿(まさる)

比叡山より、日吉山王、国常立尊の二神を勧請し、魔除けの神として崇敬を受け、
日吉の魔去る(神猿)は古くから、魔除けの神として、信仰されている。
この信仰によってもたらされる「の暮らし」が、日吉神社の名に現れてるとか。

ところで、魔去る=神猿(どちらも読みは“まさる”)ですが、
なんでこんな変換なんでしょうね?
去る=猿はいいとして、“マ”
魔→ま→真→しん→神、とか?
ああ、そういえば、この熟語の時だけ、この漢字はこう読むんだって言うような、
読み方あったっけ。
そんな感じ?

P1160318.jpg

手水。

P1160319.jpg

拝殿前の鳥居と、ご神木、そして狛犬。

P1160321.jpg

狛犬の目は、彫り込んでいるのではなく、石をはめ込んでいるようだ。
ガラスっぽいツヤツヤの石。
そして愉快な鼻鬚。

P1160326.jpg

拝殿。
拝殿と言うより、拝所か。

P1160329.jpg

拝殿の向こう、本殿の横にはお稲荷さん。

P1160330.jpg

注連縄にはフサフサの稲穂。


一の鳥居近くの石碑によると、この日吉神社は、真如堂の鎮守社で、
明治の神仏分離で秘蔵された御神体が、昭和40年代の調査で、
本地仏桧一木造極彩色立像の地蔵菩薩と判明したそうだ。
(本地垂迹の思想で、日本の神は仏の権現、
その神の正体である仏を、本地仏という)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)