鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
長岡天満宮
朝から雨が降ったりやんだりしていたけど、用事済ませて駅に着いたら日が出てきたので、
出先の駅が特急停車駅だったので、そのまま長岡天神まできた。

駅から神社までの途中で、ちょっとぽつぽつ来たけど、まあ大丈夫だろうと。
今日は傘持ってるし。

P1100158.jpg

けど、手水を使ってたら本格的に降ってきましたよ。

P1100159.jpg

とりあえず拝殿でお詣りして、振り返ったら土砂降りだー。
拝殿からの境内。
真ん中のが神楽殿で、奥の車の近くが社務所。
とりあえず、社務所まで行って御朱印をもらおう。

Scan120829.jpg

御朱印。
また、ここには数種類の御朱印帳も売っている。
可愛らしい花柄系で、よく見る柄っぽいが、長岡天満宮の名前入り。
京都の御朱印帳はまだストックがあるから、今回はパス。

P1100167.jpg

御朱印をいただいた後、神楽殿前で雨宿り。
ここにはベンチも灰皿もあるし。
雷なってるけど、天満宮だし、安心だね。

P1100168.jpg

なかなかやまないから、神楽殿前から写真を撮る。
筆塚。

P1100173.jpg

やっとなんとか小降りになったので、のそのそ動き出す。
本殿。
御祭神はもちろん、菅原道真公。

P1100175.jpg

本殿の左手に、お稲荷さんへ続く階段と鳥居。

P1100177.jpg

鳥居を抜けてすぐの祠。
額には「山神社」とある。

P1100179.jpg

こちらの額は「松尾竜神社 菅竜神社」と書かれている。
どちらも公式サイトに詳しいことは書かれていない。
竜神社の方は、境内末社の項目に、名前もない。

ところで公式サイトを見ていて、社紋の梅鉢が神社によって少しずつ違うのを初めて知った。
天神さんの紋と言えば梅鉢、と一口で言っても結構違う紋なんだね。
そこまで細かく見てなかったわ。
他の神社、と言ってもぱっと浮かぶのは春日大社、春日神社の下がり藤くらいだけど、
それも違いがあるのかな?
今度はその辺りもじっくり見てみよう。
覚えてたら(;^ω^)

P1100181.jpg

そして、一番奥に長岡稲荷大明神。
本殿脇の階段から来ると一番奥だが、この写真を撮っている私の後ろにも
階段と鳥居があるので、そっちから来れば正面になる。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)