鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
長岡山中央寺
旧府神社から、南に移動する途中にあったお寺。

P1150822.jpg

山門。

P1150823.jpg

本堂。

P1150824.jpg

魚板。

魚板は、木魚の原型とされているもので、お経の時にポクポク鳴らすんじゃなくて、
何かの合図の時にならすものらしい。
主に禅寺で使われているものらしく、ここも禅宗の黄檗宗。
黄檗と言えば、宇治に行くとき、途中の駅にあったな、と思ってみてみたら、
黄檗宗の総本山の最寄り駅だった。
おっきな魚板があるらしいし、いっぺん行ってみようかな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
大阪府和泉市にある、和泉西国客番札所 黄檗宗・中央寺の納経印と説明
2013/03/09(土) 18:42:22) | 日々、やれやれ
旧府神社からお次は 長岡山 中央寺 和泉市王子町3-13-9 黄檗宗 和泉西国三十三ヶ所霊場客番札所 札所本尊 十一面観世音菩薩 開創は鎌倉時代にこの地を支配していた 細川氏の菩提寺であった中尾寺を 慧極道明(えごくどうめい)禅師が 1690年(元禄3年)に再興し、 山号を長岡山中央寺に改めている。 ...
2014/08/28(木) 13:50:24) | ぐるぐる