鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
御金神社
御金神社と書いてみかねじんじゃと読む。

P1140584.jpg

御祭神は、金山毘古神、天照大神、月読神。
鉱山、鉱物の神様で、金属器類の神様だったけど、
金銀銅など、お金に使う金属の神様でもあるので、
近年は資産運用の神様としても、崇められているのだとか。

P1140585.jpg

手水舎。
水盤の角に乗せられているざる。
濡れてたけど、まさか、銭を洗う、とか?

P1140589.jpg

拝殿。
提灯に「金」って書いてあるけど、金比羅さんじゃないよ。
写真では、イマイチ伝わらないかも知れないけど、
鈴の緒も金ピカですよ。

P1140587.jpg

拝殿の所に、餅を入れるような箱に、いっぱい銀杏の葉が入れられていた。
ご神木の銀杏の葉を、お下がりとして、財布に入れてくれ、と書いてあった。

P1140633.jpg

もちろん、いただいてきた。
私の財布に入れるには、ちょっと大きかったかなー。

P1140634.jpg

そして、御朱印も頂いてきました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)