鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
大阪のお稲荷さん 2
本当は前回ここまで書きたかったけど、
無駄に長話になったので、分割。

お稲荷さんと言えば、キツネと赤い鳥居、連なった鳥居。
そのほかにも、稲荷神社で結構見るけど、
ほかであんまり見ないかもと言うもの。

あ。
今「みない」で変換したら「薬袋」ってでた。
これ、「みない」って読むんだ。
へー。
でも何で「見ない」より先に出る?

で、稲荷神社で頻繁に見るもの。
特に大きめの稲荷神社。
それは、多数の境内社。
ていうか、お塚。

総本社クラスの神社だと、確かに多数の境内社が
祀られているところはたくさんある。
お稲荷さんで見たのはちょっと雰囲気が違う。
お稲荷さんの総本社、伏見稲荷の稲荷山を
小さくしたらこうなるか、と、納得もするけれど。

P1370080_20170203174133f89.jpg

高槻の歩人山稲荷神社

祠のあるものもあるけれど、こんな感じで石碑に神名の彫ったものがずらり。
京都の、吉田神社の竹中稲荷とか、建勲神社の入り口付近とか。
…って、書いて今思った。
稲荷神社って言うより、稲荷コーナーというか稲荷エリアでよく見る、って感じだわ。
でもまあ、ここまで書いたから、このまま続けちゃおう(;^ω^)

でね。
大阪の、和泉市信田森神社、いわゆる葛葉稲荷ですけど。
そこに、確か65くらいの境内社があって、何でこんなにあるんですか?
と、おたずねしたら、この神社には滝行場があって、
そこに集まった人たちがそれぞれの「講」の神様を祀ったからなんだと。

P1150742_20170203174128378.jpg

滝行場。

滝行って、山の中でするイメージがあるけれど、
こんな高低差のないところにもあるんですね。
現役かどうかは知らないけれど。

で。
話が本題からそれるのはいつものこと(笑)
大阪の都市部の滝行場っぽいところ。
本当に滝行場か、現役かどうかはさておき。
ここ滝行してたんじゃないの?ってところ。

P1270263_201702031741308c8.jpg

天王寺区 産湯稲荷神社
壁に蛇口のひねるところがついてたから、そこをひねって水を出すのかな?
すぐそばに井戸あり。

P1280330_20170203174131673.jpg

吹田市 垂水神社
千里丘陵の高低差。
小瀧と本瀧があるようで、これはどっちだったかな?

P1380143_20170203174158b24.jpg

阿倍野区 股ヶ池明神
階段下っていくとお不動さん。

P1050232.jpg

神社じゃないけど、天王寺区の清水寺。
玉出の滝は大阪市唯一の天然の滝。
上町台地の高低差ってやつ。

つづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)