鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
大阪のお稲荷さん 1
大阪のお稲荷さんと言えば、三角形で…って、ちゃうがな(笑)
いや、ちがわへんけど。
大阪のいなり寿司は三角形ですけども。
そうじゃなくて、大阪の稲荷神社のお話。

余談ですが、いなり寿司の写真を載せようと、スーパーに行ったら、
見事に巻き寿司オンリーだったわ(笑)
去年まで、晩飯時に買いに行って、
見事に高い「恵方巻き」しか残ってなかったけど、
今年は普通に切ってない巻き寿司ゲット(笑)

さて、大阪云々の前に。
でんでんじゃないわようんぬんよ。

お稲荷さんて、なぜか好き嫌いが語られてるように思う。
神社全般の好き嫌いとか、個別の神社の好き嫌いじゃなくて、
お稲荷さんが好き、キツネさんが好きとか、
お稲荷さん怖い、嫌い、とか。
江戸じゃ「伊勢屋、稲荷に馬の糞」と、
巷にありふれたもののことを言ったようですが。
数が多いからでしょうか。

神社の数で稲荷神社と一二を争う八幡様だと、あんまり聞かないような。
八幡様好き、鳩好きとか、八幡様怖い、嫌いとか。
ほかの神様でも、好きはともかく怖い嫌いはあんまり聞かない。
何ででしょうね?

あと一口に稲荷神社と言っても主祭神がいろいろあるとか。
+αはあれども、神明神社なら天照大神だし、
八坂神社なら素戔嗚尊、厳島神社なら市杵島姫、住吉神社なら住吉神。
ざっくり想像できるけど、稲荷神社はふたを開けてみないとわからない。
稲荷“神社”だと思って行ってみれば、祀られてるのはダキニ天で仏教系だったり。
神道系でも、宇迦御魂だったり、保食だったり豊受姫ほかいろいろだったり。
ご祭神見てここは保食の受け持ち(笑)とか言ったりするわけです。
こういうあやふや(?)なところが怖いのかしら?
実に神社っぽいと思うんですけど。

さて、それで、稲荷神社と言えば。
まずはキツネ。
神使像のキツネですね。
稲荷神社に行けば、狛犬よろしく一対のキツネが、
鍵とか稲とか巻物とかくわえてたりするのです。
もちろんくわえてないのも居るし、バナーに使ってるキツネのように、
みかん宝珠をくわえてるのとか。

GEDC4091_20170203162827687.jpg

東大阪市 瓢箪山稲荷

ほかにも手水の水口とかその他いろいろのキツネ像。

そして鳥居。

P1400101.jpg

中央区 五社稲荷大神

稲荷神社と言えば、こういう連続した鳥居を思い起こす。
でも案外大きいとこだと、いきなり連続鳥居じゃない方が多いし、
小さいところだとそもそもスペース的に無理ってところも多い。

大きい鳥居をくぐって、拝殿の前とか、本殿は別の神様で、
境内社としてのお稲荷さんの前とかに多いイメージ。

P1110446.jpg

ちなみに玉造稲荷のこの連続鳥居は厳島神社のもの。
連続の鳥居と言えば稲荷の鳥居と思ってたところにこの鳥居。
そっかー、稲荷神社の中の連続鳥居は、厳島神社かー。
こりゃあ一本とられたな、アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

P1370548-1.jpg

そしてもう一つ、稲荷の鳥居と聞いて思い浮かぶのは、赤い鳥居。
連続の鳥居も、合間に石鳥居や白鳥居が入ってることもあるけれど、
おおむね赤い。
赤鳥居の入ってない連続鳥居はちょっと思いつかないが、
あるかもしれない、あったら見てみたい。

でも、稲荷の鳥居は赤い鳥居っていうイメージは間違ってないと思うけど、
赤い鳥居=お稲荷さん、じゃ決して無いからね。
平安神宮も厳島神社もお稲荷さんじゃないからね?
弁天さんや、龍神さん(巳ぃさん)も赤が多いイメージ。

お稲荷さんの赤い鳥居というと、赤一色より、
頭と足下が黒の、上の写真のイメージ。
上の写真は亀腹が黒だけど、藁座って言って、黒靴下はいたみたいなやつ。
それと台輪。

P1370547_20170203163333c77.jpg

こんなやつ。
でもまあ、神社の鳥居って言うのは、この神社にはこの鳥居って、
傾向はあっても決まりはないようで。

P1180663_201702031628306b3.jpg

西区の土佐稲荷は、公園側から入る最初の鳥居が、
柱が四角柱の住吉鳥居なんだな。

つづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)