鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西宮のえべっさん
西宮市社家町1-17

八坂神社のえべっさんに行った後、西宮神社へ向かった。
いつもなら、混むことのわかりきった神社には行かないんだけれども、
一回くらいは戎の本社に行ってみるのもいいかもと思ったので。

今宮戎には以前行ったことがあって、
どちらも最寄り駅から300mくらいなんだけど、
さすが西宮神社。
駅前からずらっと屋台が並んでいる。

主に食べ物の屋台だけれど、あれね、
たこ焼き、リンゴ飴、トウモロコシなんかの昔からの定番に加えて、
最近は唐揚げ、箸巻き、ケバブ、なんかも定番な感じ。
あと、なぜかやたらベビーカステラの屋台が。
あれもブランドとかあるの?いくつかのお店には長い列が出来てて、
そうでない店もそこそこお客さんがいるという。
最近あまりお祭りに行かないんだけど、
ベビカスに人が群がってるのって、初めて見た気がする。

そして西宮の土地柄か、粕汁と甘酒のお店もいくつか出てた。
最近甘酒ブログさんを覗くようになったせいか、とても気になったんだけど、
いろいろありすぎて、結局手が出ず。
境内で売ってた黒糖甘酒がめっちゃ気になったんだけどなー。
こういう大きいお祭りの時って、順路が決まってるから、後でと思っても、
後だと通らないのよね。

nisinomiya1 (2)

表門から中に入る。
意外と空いてる。
まあ、今宮戎とは広さが違うわな。

nisinomiya1 (3)

祈祷殿の壁に貼られた、大漁旗かな?

nisinomiya1 (4)

その足下に、「松尾神社狛犬」
末社の松尾神社に奉納されていた狛犬だが、震災の折に台座から転落。
震災20年にあたり、ここへ据え置かれ
震災の記憶を後世に残すことにしたそうだ。

nisinomiya1 (5)

拝殿。

nisinomiya1 (6)

拝殿の中に入ってお参りさせていただけるのだけれど、
真ん中から入れば、すっと入れるのに、なぜか左側の入り口に列が。
パイロンで区切ってあるし、何かあるのかな、と思ったけれど、
普通に真ん中から入る。
祓串でバサバサしてもらう(^ω^)

中に入って、行列の意味を知る。
あの列に並ぶと、マグロにお賽銭を貼れるのだわ。
あ…
よその人には何のことだかわからないか(;^ω^)
西宮のえべっさんでは、奉納された大マグロが一匹でんと置かれてて、
そこへ賽銭を貼り付けて願掛けをするのです。
ラインストーンでデコった携帯みたいに、
五円玉でデコられたマグロになるのです。

それはニュースでも季節の風物詩で流れるので、
行ったことのなかった私も知ってましたが、
一緒に奉納されているリンゴや野菜にも、
賽銭差し込んでるとは知りませんでした。
リンゴが黒ひげ危機一発みたいになってました。

写真を撮ろうとしたら、「撮影はご遠慮ください」と注意されました(´・ω・`)

順路に従って拝殿を出て行くと、ニューイヤーチケットの
記念品引換所があったので引き替える。

nisinomiya1 (9)

今年の。

nisinomiya1 (1)

ちなみに5年前もらったもの。
豪華になってる。
残り福だからか?

この後出口に向かって進んでたら、射的とかスマートボールとか、
お化け屋敷のあるエリアに出た。

うむ。
おっきいお祭りって、滅多に来ないけど、こんな感じなんだー。
と妙に感心する(笑)

「えべっさんの荒魂にも参ってってやー」と声がするので寄る。

nisinomiya1 (8)

沖恵美酒神社。

nisinomiya1 (7)

勝負事の神様でもあるらしく、絵馬は軍配。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
先日はご返信ありがとうございます。
ニュースで見て気になり疑問が浮かんだのですが、マグロに張るお賽銭は何を使い張っているのですか?
2017/01/13(金) 23:31:52 | URL | by渓星 (#-) [ 編集]
Re: タイトルなし
こんばんわ。
見た感じでは、マグロの湿り気で張り付いてる感じでした。
それと、微妙に「乗っかってる」位置に貼り付けられてたように思います。
2017/01/14(土) 19:14:04 | URL | by猫舌=・ω・= (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。