鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出世地蔵尊と史跡
聖マリア大聖堂の北側にある越中公園。

ゆきがしんしんふるあさは~
つるぎたてやまくろべはさむく~♪
越中と言えば、越中日本海味噌。
もしくはふんどし。
越前、越中、越後の日本海側の地域。
それくらいしか思い浮かばないけど、どれに関係あるのかな?

P1420717.jpg

その越中公園の歩道側にあったのが、
「青刻昆布発祥の地」の石碑。
昔この辺で昆布が採れたのか?と思ったら、加工品の方らしい。
ああ、塩昆布とか佃煮とかおぼろ昆布とろろ昆布とか。
昆布加工のお店は多いよね。

とろろ昆布をお椀に入れて、ちょっと醤油垂らしてお湯かける、
簡単お吸い物とか好きでした。

P1420719.jpg

そのまま大阪城に向かって北上すると、道路邪魔系というか、
歩道が大きく張り出したところにお地蔵さんとか石碑。
お地蔵さんは、出世地蔵尊で、石碑と言うかその前にある四角いのは、
越中井、井戸らしい。

大阪市中央区法円坂1丁目2−1

ここには、細川越中守忠興の屋敷があり、
越中井はそこの台所にあった井戸だそうで、
ガラシャ夫人最期の地がここにあったのだそうだ。
越中公園も越中井も、細川越中守の越中なのね。
細川忠興って、長岡京の人かと思ってたんだけど、
越中の方に赴任してたこともあったのかーと思ったら、
どうの地名の越中は関係無いっぽい?
○○守ってなってても、そこに居たわけでもない人も大勢いるっぽい?

石碑には「越中井細川忠興夫人秀林院殉説之遺址」と書いてある。

P1420726.jpg

お地蔵さんの手水についてるこれは、なんの印かな?
細川さん家は九曜紋。
明智さん家は桔梗紋。

P1420728.jpg

越中井の裏側のこの位置に、

P1420727.jpg

細川屋敷跡の石碑が建ってました。

P1420729.jpg

そのすぐ横に、なにやら意味ありげな建物が。

P1420731.jpg

最近出来たみたい。

P1420730.jpg

一見教会っぽいが、てっぺんは桜っぽい。

P1420732.jpg

しかもオブジェは仏像っぽい。
なんの建物かな。
細川屋敷ゆかりなのかも謎。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
はじめまして

こんな事言うとバチが当たるかも知れませんが・・・
実はわたし
鳥居が恐くて恐くて (-_-;)
若い頃に夜友達の家に向かう途中、突然目の前に大きな赤い鳥居が‼
もう体が硬くなってしまい目も開けられず
それ以来、鳥居が・・・鳥居が ア~
昼間は何とか大丈夫ですが
こちらのブログで少しづつ鳥居に慣れさせて頂けたらと思いました・・・
よろしくお願い致します (∩´∀`)∩
2017/01/07(土) 08:36:45 | URL | by青空 (#-) [ 編集]
Re: タイトルなし
初めまして、コメントありがとうございます。

暗がりからいきなり大きな鳥居が出てきたら、確かに怖い。
暗い→怖い、大きい→怖い、夜の鳥居と言うことは夜の神社→怖い。
うん、これは怖くてもしょうがない。

でも鳥居ってこう見えて、可愛いやつなんですよ。
画一的に見えても、神社ごとにオリジナル要素入れないと気が済まんのかい!ってくらい、ちょっとずつ違う。
もし、慣れてきてお近くの鳥居がしげしげと見られるようになったら、
是非見比べてください。
2017/01/07(土) 18:25:25 | URL | by猫舌=・ω・= (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。