鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
大國主神社
紀の川市貴志川町国主1番地

和歌山電鐵の貴志駅から南へ10分ほど行った先にある、大国主神社。
ここはたま駅長の葬儀等の神事を執り行った神社なので、
一度は行っておきたいが、腰がなあ…
とかうだうだ言いながら、スマホのガイドで一旦下って、道を渡って右へ。
そこそこ角度のある坂を上って、お墓の横を通って、また裏についた(笑)

駅から南に下る道を、左に行ってちゃんと信号を渡れば、
平均的に上る道があって、そこからだと、

P1420647.jpg

一の鳥居らしき所につく(笑)

P1420640.jpg

鳥居をくぐった先の参道には、いくつかの石碑。
梵天立像とかもあった。
見に行ってないけど。

P1420629.jpg

広い境内に鳥居。
その先の階段の上に本殿とか。
まあ、裏から来たんで実際はあそこ下ってきたんですけど。

P1420633.jpg

鳥居を横から。

P1420635.jpg

これは、百度石かな?
百度石って書いてあるようにも見えるけど、
ほかの字が書いてあるようにも見える。

P1420626.jpg

手水舎。

P1420624.jpg

本殿の左に、市杵島比売神社。
この地域の氏神様だそうで、そばにある石碑には、「氏神様のおいたち」
が書かれていて、そこの表記だと市杵島比咩神社になっていて、
このお社自体は平成21年に、奉納されたものだけれど、
市杵島比咩神社は紀伊続風土記に載ってるそうだ。

P1420620.jpg P1420619.jpg

拝殿前の狛犬。
リボンがドレッシー(*^_^*)
「胸と背中を大胆にあらわにした、ローブ・デコルテよ」
背中どころか尻も腹も出てまんがな(笑)

P1420618.jpg

本殿。
主祭神は、天照皇大神、大國主命、少名毘古那命
合祀神に、権大神。
権大神て誰かしら?
「権」ていうと、「仮の」「臨時の」って意味だったから、
仮の大神って事でしょうか。
神社の社宝の一つに「貴志荘権大神伝記板」というのが有るようなので、
ここに書かれてる権大神のことだろうとは思うんですが。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)