鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
玉勝大明神・榎木大明神
大阪市中央区谷町7丁目6

ブラタモリで、大阪をやるって言うんで
ある種の期待を持って見ていた。
たぶん言及することはないだろうけれど、
ぶらぶらする道すがら、街角の神社がちらりとでも
写りはしないかと。

そして、バッチリ写った!
そしてやはり、真ん前通ってすぐ横でロケしたにもかかわらず、
一言も触れられなかった(笑)

P1420129.jpg

で、探してスマホの地図に目印付けて、スマホの道案内で行ったら。
空堀商店街から下る道。
高低差ですね(笑)

P1420131.jpg

うん。
ブラタモリの目的地はここでしたね。
私は上の、赤いとこに行きたかったんですが(笑)

P1420134.jpg

ここは、なんだったっけかな?
空堀の端っこだったっけ。

P1420149.jpg

あの高低差を戻って商店街に。
ポストのとこ曲がって、この先の散髪屋さんの次の路地。

P1420147.jpg

クランク(笑)で見えないけれど、この先。

P1420137_201611161920065e5.jpg

お稲荷さん。
この右の柵のところから、下を覗いてはったのよね。

P1420142.jpg

祠の幕の向こう側に額。
玉勝大明神・榎木大明神と、書いてある。
お稲荷さんて、玉姫とか玉菊とか、玉○て名前のとこ、よく見る。
榎とか楠とかは、御神木系で、「巳ぃさんが住んではりました」
とか言うのもよく見る。
ここも、お稲荷さん&巳ぃさんの商売繁盛系かしら。

下の掲示板にはカルタ風に、
「井戸端で暮らしを守るお稲荷さん」ってかいてありました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。