鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
賀茂御祖神社 2 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


京都市左京区下鴨泉川町59
かもみおやじんじゃ。
通称下鴨神社。

GEDC1022.jpg

糺の森に入ったあたりにある鳥居。

GEDC1023.jpg

くぐって左手に、三井社。

GEDC1025.jpg

右手には河合神社。

P1060043.jpg

御白石の後ろに写っている鏡絵馬。
この手鏡型の絵馬に描かれた顔に、
自分の化粧品で化粧をして、美麗祈願をするそうな。
なんでや。
河合神社、かわいじんじゃ、かわいいじんじゃ。
カワイイジンジャーハイハ~イ♪
可愛いから美麗祈願?

P1060042.jpg

ではなくて、御祭神の玉依姫が美しい神だったので、
美麗の神としての信仰が篤いんだそうだ。

j-k-simogamo-k.jpg

ご朱印。

P1010168.jpg

相生社。
となりの鳥居は、鴨の七不思議のひとつ「連理のサカキ」だったはず。
3本のサカキのうち、2本が幹の中ほどで繋がっている神木で、
枯れると後継の木が糺の森の何処かに生えるという。
ってことは、今相生社の横にあるけど、
将来的には別の場所に祀られると言うこと?
それとも植え替える?
若木のうちから癒着してるんじゃないだろうから、
植え替えは現実的でないか。

P1060088.jpg

御手洗池と御手洗社。

P1010169.jpg

楼門。
ここから本殿の方に向かうのだけれど、拝殿の写真がない。
なんでや。
撮影禁止だったか人が多くて撮れなかったか。
撮影禁止は上賀茂の方だったような気がする。

御祭神は、玉依姫命と、賀茂建角身命。
賀茂建角身は玉依姫の父で、玉依姫は、上賀茂神社の御祭神の母。
あれ?河合神社の御祭神も、玉依姫で神武天皇の母だった。
神武天皇と賀茂別雷命って、兄弟だっけ?

玉依姫は複数いて、別人のようですよ。
ここの二柱の玉依姫が、二大玉依姫のようですが。

j-k-simogamo.jpg

ご朱印。

「3」に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)