鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
鷲子山上神社 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


那須郡那珂川町矢又1953
とりのこさんしょうじんじゃ。
さんじょうじんじゃじゃないんだ。

torinoko (4)

山の上にある神社で、友達に車で連れて行って貰った。
駐車場から進んで、まず目に付くのは鳥居をくぐって階段の上の大きなフクロウ。
鷲子山上神社はフクロウ押し。
ワシはどこへ行った。
「鷲」の字は使ってても、「ワシ」って読まないわ、神社のモチーフはフクロウだわ、
ワシの立場はどうなんねん、と(笑)
フクロウも猛禽だから、もしや昔はフクロウもワシも一緒くただったとか?

torinoko (6)

巨大フクロウの台座は、不苦労御柱といって、金運の御利益があるらしい。
木の棒で柱を叩いて祈願するので、柱が大きくへこんでいる。
たまたま宝くじを持ってたので、満面の笑みで、
宝くじを柱になすりつけてきたのに、300円でした(笑)

torinoko (2)

フクロウの手水だ、と思ってたら、水かけ不苦労だった。

torinoko (5)

本宮神社。
ここが本殿かと思ったら、

torinoko (7)

本殿はこの先。
そしてここは栃木と茨城の県境。
鳥居に向かって正中で仁王立ちすると、右足は茨城に、左足は栃木に。

torinoko (10)

torinoko (1)

鳥居の向こうに見えるのは仁王門。
仁王さんも阿吽で栃木と茨城に別れ別れ。
どっちがどっちかは忘れた(;^ω^)

はい!そこのあなた。
猫舌のことだからどうせ注目するだろうと思ってるでしょ?
もちろんです。
仁王さんのち×びは、花柄!
いや~、今まで注目したこと無かったけど、
よその仁王さんはどうなってるんでしょうね。
今度見かけたら注目してみよう。

他にも参道脇にはお不動さんとか地蔵さんとか、
神社によくある神仏習合の仏さん達がちらほら。

torinoko (8)

この階段の先に本殿。

torinoko (9)

2×96でフクロウとか。
デブは96段の石段往復すると、膝をイワして苦労しますが、それは。

torinoko (3)

ブヒブヒいいながら本殿到着。
この先にも色々あるけど、割愛。

j-t-torinoko.jpg

ご朱印。
県境の神社なので、社務所も栃木側、茨城側それぞれにあるそうで。
ご朱印は栃木側でいただきました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)