鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
篠原玉藻稲荷神社 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大田原市蜂巣

P1070572_2016111514493891d.jpg

鳥居。

P1070577.jpg

鳥居の向こうに、たぶん狐塚。
その手前あたりは湿地で、向こうの明るいあたりが、鏡が池だと思ってたんだけど、
地図を書いた看板の写真見直したら、鏡が池は、鳥居の左側っぽい。
奥の明るいところは、普通の田圃みたい。

鏡が池。
三浦介義明が九尾のキツネを追ってきたが、見失ってしまう。
この池の畔に立って、あたりを見渡したところ、
池の側の、桜の木に、セミに化けて止まっているキツネの正体が
池にうつっており、三浦介は難なくキツネを捕らえることが出来たという。

ああ、なんか鬼灯の冷徹でミンミン鳴いてるのを見たような(笑)

ちなみに九尾のキツネが死後変化したと言われる殺生石は、
ここから北へ30㎞ほどのところ。
セミに化けたのばれてからも、30㎞は逃げたんか。

P1070580.jpg

先に進むと石鳥居。

P1070582.jpg

鳥居の上に、毛が三本的な
草wがw生wえwてwるwww
と、私も草はやしてみましたw

P1070586.jpg P1070587.jpg

キツネ。

P1070589.jpg

拝殿。
神社名から、御祭神は玉藻の前だろうと思っていましたが、
お稲荷さんと玉藻の前を祀っているそうです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。