鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
建勲神社 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


京都市北区紫野北舟岡町49
けんくんじんじゃ

たけいさおじんじゃって読むんだよなーと、この記事を書くに当たって調べたら、
wikipediaなんかは確かにそうなってるんだけれど、
公式サイトのフリガナが、「けんくんじんじゃ」「Kenkun Shrine」
に、なっとった。
まあ、バス停もそうだしねー。
時代の流れってヤツですか。

P1060148.jpg

船岡山にあるこの神社。
麓の大鳥居からももちろん行けるが、
船岡山の方から行く。

P1060143.jpg

看板があるからここからでOK。
のはずが、なかなか見つからない。

P1060144.jpg

やっと見つけた階段。

P1060149.jpg

船岡妙見社。
確か柵の向こうで、近づけなかったような記憶。

P1060151.jpg

境内の横から入ってきましたー。
手水舎。

P1060153.jpg

拝殿は、階段の上。

P1060157.jpg P1060158.jpg

狛犬。
流石戦国武将の神社は、狛犬もごつい(笑)

P1060163.jpg

拝殿。
ここにちらっと写っているのが、織田信長公三十六功臣の額。
スペースの都合で、十八功臣の額が飾られてるそうだ。
と、いうのを後から知った。
だから見てきてないんだー。
また行かなくちゃと思いつつ、あの階段なぁ…と思うと、
二の足踏み続けてる(笑)

P1060166.jpg

神門。
この奥に本殿。
御祭神は、織田信長。
配祀に織田信忠を祀る。

j-k-kenkun.jpg

ご朱印。

織田信長といえば本能寺。
現在の本能寺と、元々本能寺のあった場所

昨日書き漏れたけど、那須与一の墓は京都にもあって、
泉涌寺のところにある。

後、ドリフターズ絡みだと、安倍晴明くらいかなー。
私が行ったことのある神社仏閣だと。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
こんにちは。いつもお世話になっております。
長介さんのドリフターズと勘違いするのはもはや昭和レトロなのでしょうね。

私も秋から京都テレビで初めて見て、大人買い。うふふふ。

安定の夏目君も、いいですねぇ。
2016/11/13(日) 09:00:31 | URL | byつねまる (#pjmS0te2) [ 編集]
Re: タイトルなし
ド、ド、漂流者(ドリフ)の大爆走~(主に豊久)♪

夏目は安定。
歌プリは失速。
金春ならルネッサンスという感じ。
婆ヲタの深夜アニメ感(笑)

ババンババンバンバン♪ 首洗ったか~(やっぱり豊久)
2016/11/13(日) 18:19:55 | URL | by猫舌=・ω・= (#EpxNsFzw) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)