鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
那須神社 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大田原市南金丸1628

すっかりドリフターズにはまって、コミックス大人買いしてしまいました。
まあ、5巻しかでてないけど。
で、そういえば那須神社って行ったことあったよなーと、
写真を引っ張り出してみました。

P1070345.jpg

すぐ近くの道の駅っぽいところに車を止めて、連れて行って貰いました。
そこにあった那須与一像のはず。
よく見れば後ろ姿だな(;^ω^)

P1070295.jpg

鳥居。
この注連縄が、大阪あたりではあんまり見ない形。
物理的に、正中通りにくい真ん中垂れ下がりの、ネックレス型。

P1070289.jpg

P1070297.jpg

あんまり見ないと言えば、参道の植物もこっちではあんまり見ないものだった。
オダマキとウラシマソウだったかな。
山の方に行くとあるのかな?
最近はもっぱら住宅街中心だから、セイヨウオダマキは見るんだけれど。

P1070310.jpg

手水舎。

P1070315.jpg

楼門。

P1070317.jpg

拝殿。
御祭神は応仁天皇。
中世那須家の氏神で、与一も例の扇を撃つとき、ここの神様に祈ったそうで、
祀られてはいなかったけれど、ゆかりの神社だそうで。
そうだね、与一は源氏だから、八幡神だね。

P1070328.jpg

P1070329.jpg

P1070340.jpg

境内社。
これも大阪あたりじゃ余り見ない。
地べたに祠。
むしろ関東の方が、雪降るから台座がないと埋もれちゃうんじゃ?
南国大阪から見たら、東京以北は充分北国。
地理の認識が雑(笑)

境内の緑は多くがヘビイチゴだった。
後ハルジョオン。
5月下旬だったけど、黄色い花がいっぱい咲いてななー。
ちょっと時期をずらせば、赤い実がいっぱいだったんだろうか。
それはそれでかわいい。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)