鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日露戦争大阪天下茶屋俘虜収容所跡地
大阪市西成区岸里1丁目1

天下茶屋駅前のミスドで一服してたら、近所に史跡のポケストップあり。
スマホ見ながらウロウロしたら、すぐそこにありました。

P1420080.jpg

駅前のカナートの駐輪場。

P1420076.jpg

ケンチキの前ら辺。
日露戦争大阪天下茶屋俘虜収容所跡地の石碑。

P1420078.jpg

明治38年から1年くらい、大阪陸軍予備病院用地約6万坪に、
平屋建てで建てられた収容所で、6000人ほどが収容されていた。
閉鎖後、明治42年に陸軍省から、元の地主に返還された。

俘虜ってなんだ、捕虜じゃないのか?
と、調べてみたら第二次世界大戦以前は捕虜のことを俘虜と呼んだらしい。
いや、だからどういう違いなのよ?
と、さらに調べても、まあだいたい同じ?みたいな。
若干ニュアンス違いでつこてます、みたいな?
よう解らん(;^ω^)

俘虜収容所と言えば、前にバルトの楽園を見に行ったんだけど、
今、検索してみて「ばるとのらくえん」だとずっと思ってたのに、
「ばるとのがくえん」だったことを知りました。
けっこう自由な暮らしぶりのように思えたが、
所詮収容所は収容所。
「らくえん」ではなかったか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。