鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
六玉大明神
大阪市生野区中川西1丁目6

ここも、スマホの案内通りに進んでいったら、
道とも言えない家と家の間の隙間、子供が近道するならともかく、
大人が通り道にするのはちょっとというところを指示される。

デブが挟まったらどうするんだよorz

しかし確かに、隙間の向こうに、朱い玉垣が見えている。

P1410771_20161011235702d1e.jpg

ぐるっと回って到着。

P1410774.jpg

祠。

P1410780.jpg

なんとなく横に廻ってみたら。
あれ、なんかある。

P1410775.jpg

銅葺きの屋根もピカピカ赤銅色。

P1410776.jpg

なんだろうね?
玉垣も区切ってあって、予備とかそういう感じじゃなくて、別の祠という感じ。
土台もレンガ造りで、表側よりこってる感じ。
神社っぽくはないが。

それより何より、ひさしに貼り付けられた、フックがめっちゃ気になるぅ~。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
後ろにもお社あったんですね。。。
全く気がつかなかったです。。。
2016/10/16(日) 20:27:09 | URL | by粉石 (#-) [ 編集]
Re: タイトルなし
そうですね、表からあんまり気配感じさせないですね。
拝殿の裏とか廻ったり、銅像を360度、ぐるりと廻ったりするのが好きなんですが、ここは本当に偶然見つけた感じです。
2016/10/17(月) 20:01:44 | URL | by猫舌=・ω・= (#EpxNsFzw) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。