鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
貴布禰神社 2
尼崎市西本町6-238

貴布禰神社の境内社。
北参道から入ったので、裏から順番、見たいな。

kihune2 (1)

榎社。
榎の根元に白い巳ぃさんが居たんだそうだ。
榎と蛇って相性いいのかしら。

kihune2 (2)

相殿社。
尼崎城内で発掘された石像が祀られているとか。

kihune2 (3)

だんじり庫とだんじり会館。

kihune2 (4)

愛敬三社。
尼崎城主、桜井家に縁の深い神様。

kihune2 (5)

市庭戎神社。

kihune2 (6)

白龍大神。
龍神様だけど、祠の前には狐がいらっしゃる。
龍神様と名が付いても、実は巳ぃさんで、というところは、
水神様というより、商売繁盛の神様の所もよく見るので、
お稲荷さん的な祀り方をされているのだろうか。
ここも、某社の守護神が末社になったようなので、そうなのだろうか。

kihune2 (9)

白波稲荷神社。

kihune2 (8) kihune2 (7)

ここはお稲荷さんだけど、狛犬。
阿形の狛犬のお口は、どうしても強度に問題が生じるんだねぇ。

kihune2 (10)

そして手水舎。
もう最近はどこへ行っても、この手の注意書きを見る。
子供の頃は見なかったような気もするが。
まあ、確かに子供の頃はそんなに数多くの神社には行ってないが。
これは、最近の人の清潔志向が高くなったからか。
それとも、カラス等の水飲み場が、
こういう場所にしかなくなってしまったからか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。