鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春日神社
大阪市福島区玉川2-2-7
以前、野田恵美須神社に行ったとき、
春日神社はちょっと解りにくいところにある。
でも、藤の咲く頃はみんな見に行く。
と聞いていたので、じゃあ藤の頃に、見に行く人に付いていったらいいのね!
と思い、藤ならGWの頃だろうと、4月29日に行ってみた。

野田恵美須には地下鉄の玉川から行ったけど、今回はJR野田から。
電車賃の関係で。

P1400381.jpg

阪神高速を越えたところの小さい公園を突っ切る。

P1400382_2016050512173231f.jpg

マンションの横。
藤の頃に、と思って行ったら、年に一度の大祭だそうで、
おじゃましないようにそそくさとお参り。

P1400384.jpg P1400385.jpg

大祭のための台の後ろの狛犬も、とりあえず撮っとく。

P1400383.jpg

祠。

P1400391.jpg

横から。
写ってる奥様が向かう方向が、公園。

P1400389.jpg

大祭は10時半から。
今9時過ぎ。
早めに来てよかった。

P1400386.jpg

野田藤の石碑。
野田藤というのは、江戸時代には、
吉野の桜高尾の紅葉と並び称されていた品種で、
市街化が進んで絶滅しかけたのだとか。

ここの藤は、江戸時代参勤交代の途中、宇和島藩主が苗木を持って帰っていて、
その苗木が育った樹齢200年以上の藤の実生から育った苗木が、
福島に里帰りした物の1本だそうだ。

P1400388.jpg

時期をねらっていったはずが、残念ながら花の時期は逃したようだ(;^ω^)

P1400392.jpg

帰ろうとして、神社の裏の、マンション入り口に、貼り紙発見。
ご朱印がいただけるようですよ。
うっかり朱印帳を忘れたので、私はいただきませんでしたが。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。