鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
稲荷神社
有田市糸我町中番329番地
糸我稲荷神社。
本朝最初稲荷大神社。

KIMG0669.jpg

鳥居。

KIMG0671.jpg

拝殿。
御祭神は倉稲魂神。

KIMG0681.jpg

御由緒書きに「脇宮には左に土御祖神、右に大市姫命が鎮座しています」
と、書いてあるので、たぶんこちらが大市姫命。

KIMG0683.jpg

土御祖神。

KIMG0676.jpg

本殿に向かって左に、社務所。

KIMG0677.jpg

大黒天。

KIMG0688.jpg

本殿に向かって右側。
三つの祠が合同で入っているようなんだが、
それぞれの扉の上に書かれた御祭神名の中に、
それぞれ「不詳一座」と入っているのは、
元々それぞれ違うところで祀られていたのが、
合併とかで集まってきたとかそんなのかしら。

KIMG0689.jpg

猿田彦命。

KIMG0691.jpg

繁玉稲荷大明神。

KIMG0702.jpg

事代主命。

530年代に、つづく凶作を憂いた人々が、高山に登って、
豊作祈願をしたところ、倉稲魂神のご神託が下り、
豊作になり、疫病も流行らなかった。
人々は仮殿を作り、大神を祀り「稲葉根社」と称した。
640年代に、参詣に便利なように、社を麓に移し、「稲成社」とした。
710年代に、伏見に大神が降臨され、それを聞いた時の朝廷が、
ここの神社に、「本朝最初稲荷大神社」の称号を与えたのだとか。

お稲荷さんて、ひとくちに言っても、祀られている神様がいろいろ違ってたり、
お寺だと主に、ダキニ天が祀られている。
そのダキニ天のお稲荷さんの「日本最初」は、
泉涌寺の善能寺のようですよ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。