鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
式内楯原神社 1
大阪市平野区喜連6-1-38
しきないたてはらじんじゃ。

中高野街道からつたい石をたどって、楯原神社に到着。

P1390897.jpg

社号標。

P1390899.jpg

手水舎。
お花見の提灯。
この頃はまだちらほら咲きだった桜も、今頃は満開から散り初めくらいか。
ていうか、今日の雨でだいぶ散ったかなぁ。

P1390913.jpg

境内社。
遙拝所か?

P1390917.jpg

楠社と楠。

P1390925.jpg

稲荷大明神。

P1390927.jpg

猫が通ったので追いかけたが、後ろ姿しか撮れなかった。
残念。

P1390918.jpg

日本國最初神寶十種之宮。

P1390919.jpg

鳥居の左に見える白い看板に、十種の神宝の由来が書かれている。
とても長いので、ぜひとも現地で読んでいただきたい。
とてもザックリ言うと、信長の焼き討ちで散失した十種の神宝は、
町の古道具屋に売られているのを発見され、
いろいろあってここに祀られてます。
ということらしい。

後は「2」につづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。