鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
大宮社
京都市西京区川島北裏町

次の目的地に向かうため、駅に戻る途中、
行きと違う道を通ってたら、鳥居があった。

P1390130.jpg

社号標。

P1390130-1.jpg

松尾七社之一と書いてある。
松尾七社は、調べてみたけどよく解らない。
松尾大社のお祭りの時に、御神輿とかがでる七社のことらしいが、
その時、ここからは御神輿がでるんじゃないとか、
そこに名がある大宮社は、松尾大社のことだとか、
いくつかのネット記事を見たが、なんかそんな感じ?
みたいな。

P1390132.jpg

手水舎。

P1390135.jpg

拝殿。

P1390134.jpg

本殿。

P1390136.jpg

本殿にはお餅が供えられてました。

P1390137.jpg

そして鳥居はつっかえ棒付き。
このタイプ、既に数基見ているので、珍しいものではないような。
でもなんだろう。
不安定にならないくらいの深さに埋めることができなかったのか、
両部鳥居の方が見栄えがいいんじゃないか?
とか、いろいろ考えてしまうのです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
こういう形の鳥居は見たことないです。
珍しいですね。
もっと小さな金属製の鳥居で足が前後に踏ん張る形のものは見たことあるのですが…。
2016/01/28(木) 06:16:10 | URL | byたっつん (#YHInhhNk) [ 編集]
通常「松尾七社」とは、①松尾大社に
摂社の②月読神社、③櫟谷社
これに末社の④宗像社、⑤三宮社、⑥衣手社、⑦四大神社を加えて称されると、思います。

『松尾祭』では、この七社からの神輿(月読は唐櫃)が松尾大社に集まって、渡御します。
特に、4月の「神幸祭」は、桂川を神輿が船で渡る船渡御(ふなとぎょ)が、勇壮で見ごたえがありますよ♪
2016/01/28(木) 18:54:59 | URL | byネット (#1wIl0x2Y) [ 編集]
Re: タイトルなし
たっつんさんが見たことないって言うことは、
東の方では、こういう処置はしないのかな?

> もっと小さな金属製の鳥居で足が前後に踏ん張る形のものは見たことあるのですが…。
なにこれ、めっちゃ気になる(笑)
2016/01/28(木) 18:55:11 | URL | by猫舌=・ω・= (#EpxNsFzw) [ 編集]
Re: タイトルなし
ネット様

そうなんですよ、インターネットで調べると、
ここは松尾七社に入ってないみたいなんですよ。
でも、お祭りに無関係でもない。

なので、この神社の位置づけがよく解らなかったのです。
2016/01/28(木) 23:57:33 | URL | by猫舌=・ω・= (#EpxNsFzw) [ 編集]
カミシモ衣装
多分大宮七社で正しいと思いますよ。ただ、「おいで」の神輿を担いでる大宮社とは別だと思います。カミシモ装束で参加してる方が氏子さんです。

月読さんは、白装束の稚児?さんを舟に乗せます。神輿はなかったと思います。
何年か前は川の流れと深さが雨の影響で神輿が橋を渡るというあまり例のないことがありましたが、月読さんと松尾社の宮司・神職さんの舟は出ました。

蛇足ながら京都の神輿は、結構掛け持ちで様々な神社の御神輿を担いでる方が多くいてはります。ですので他の祭りで見覚えのある方に話しかけたりすると、結構盛り上がったりして楽しい一時をいただけます。かなり年配のかたもいるので元気を逆にもらったりいたします。
2016/01/29(金) 18:27:35 | URL | byジンジャー (#-) [ 編集]
Re: カミシモ衣装
松尾大社の飛び地的なものって感じでいいのかな?
神主さんも兼務とか書いてあったし。

京都には神輿かつぎのプロがいるんですね(゚∀゚)
ちょっと違うか(笑)
2016/01/29(金) 20:19:27 | URL | by猫舌=・ω・= (#EpxNsFzw) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)