鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
六角堂 1
烏丸通りと六角通りの角を、東に曲がると、まず見えてくるのがこれ。

P1100063.jpg

P1100064.jpg

六角堂の鐘。
そして肝心の六角堂といえば。

P1100066.jpg

道を挟んだ向かい側にありました。
紫雲山頂法寺 六角堂。

P1100069.jpg

ちなみに車止めの柱も六角(゚∀゚)

P1100071.jpg

山門をくぐって、まず目に付くのが、この柳。
地面にまで伸びた枝もさることながら、その枝に結びつけられたおみくじ。
最近じゃ、木が傷むからと、枝におみくじを結ぶのは敬遠されているっていうのに、
ここはいいんだ、とか思ってたら。
この柳は「縁結びの六角柳」といって、良縁を求める人がおみくじを結ぶんだそうだ。

P1100073.jpg

柳の左にも寺号標石。
旧タイプなんでしょうか、ちょっと剥離してました。
そして、山門から真っ直ぐ伸びる敷石の向こうに、六角堂。

P1100076.jpg

本堂正面。
ここから時計回りに進んでみる。

P1100086.jpg

なんとなく六角だということが解ってもらえるだろうか?

P1100090.jpg

裏に回ると、木の柵のはまった窓の上にこんな表札。
窓の隙間から、それぞれの仏像を、拝ませていただけるのだが、
いかんせん隙間が狭くて見えにくい(;^ω^)

P1100091.jpg

そして、正面から見ると本堂の左側。
この写真でいうと右の太い柱が、本堂。
で、ここに来て手水舎発見。
ここまでお清めを忘れていた私も、あれだけど、
山門から真っ直ぐ本堂までの道が延びているのに、
手水舎が本堂より引っ込んでるって、困るよねぇ。
もうお詣りしちゃったよ。
でも、今更ながら、手口をすすぐ。

P1100094.jpg

水口はよくある龍。
そばに井戸があるのも、よくあるタイプだけど、つるべがあるのはあんまり見たこと無いな。

Scan120823-1.jpg Scan120823.jpg

そして納経所で御朱印を頂く。
その時右側の、なんだろう?紙をもらう。
縮小の加減で御朱印と同じ大きさになっているけれど、4~5㎝くらいの紙片。
後で調べ寺、JR西日本がやっている「西国三十三所めぐり」の
「イラスト散華」という物のようだ。
これをどうすればいいのかはさっぱり解らん(;^ω^)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
No title
こんばんは!

散華って私も最近、本で知ったのだけど、
仏を供養するのに花を撒き散らしていたのだけど、
この蓮の形の紙を代用するようになったと書いてあったと思う。
最近は散華を集める人もいるんだって…
その本で見たのは綺麗な絵が描かれているのばかりだったよ。
2012/09/03(月) 22:45:36 | URL | by宙海(そらみ) (#9PB4HJUs) [ 編集]
Re: No title
これはJRの企画物のヤツみたいなので、
なんか台紙に貼っていって集めるみたいなんだけど、
台紙はどこで手に入れるの???
って感じで、よくわからんのだ。
JRでパンフもらったら解るのかな?
2012/09/04(火) 09:32:49 | URL | by猫舌=・ω・= (#-) [ 編集]
台紙
こんちゃ!

私、その台紙持ってるかも(笑)
JRの駅で貰ったよ。
2012/09/04(火) 17:30:54 | URL | by宙海 (#-) [ 編集]
Re: 台紙
そうなんや。
JRなかなかいかへんし。
まだ1年以上あるキャンペーンみたいだから、
まだ機会あるかな?
2012/09/04(火) 19:23:27 | URL | by猫舌 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)