鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
皇大神宮 2
大阪市城東区今福南2丁目8

koudai2 (1)

拝殿右側奥に行くと、小女郎稲荷社。
奈良の源九郎稲荷、和泉の葛葉稲荷と合わせて、
近畿の三稲荷なんだそうだ。

koudai2 (2)

その左、本殿側に天満宮。
そして奥に入っていくときには気づかなかったが、
振り返った地面に置かれた石柱?

koudai2 (7)

倒壊した鳥居の笠木かな?と思ったけれど、
よく見ると側面に字が彫ってある。

koudai2 (8)

三郷ナンチャラカンチャラ。
鯰江川の三郷橋のところにあった石柱で、閘門樋工事の際に、
この神社に運ばれたんだそうだ。
川も橋も、今はもう無いんだとか。

で、ご朱印を頂こうと、授与所へ向かう。
授与所にちゃんと「ご朱印500円」と書いてあるので、
安心して「ください」って言えるね(´∀`)
え、500円?
いやいや、ここでビンボー根性出しちゃダメ(笑)

ご朱印をお願いすると、時間がかかるという。
その間に、あっちにある境外社に行ってきたらどうかと、勧められた。
あっちってどっち。

koudai2-1.jpg

鳥居からでて、すぐの道を真っ直ぐ、と教えられた。

koudai2 (4)

鳥居。

koudai2 (5)

弁財天社。

koudai2 (6)

吉松彦七稲荷社。
二社とも、老朽化にくわえ震災被害にもあって、
建て替えの必要に迫られていたが、
修復工事が決まったんだとか。

j-o-koutai-j.jpg

戻ってきて、ご朱印を頂く。
そしたら、ご朱印の日付間違えたんだって。
いいの。
だって、日付間違いの御朱印貰ったのって、
初めてじゃないからな。

で、ここで若宮八幡大神宮の、佐竹義宣本陣の、
石碑の話が出たのです。

あれ、前の宮司さんが冬の陣と夏の陣を間違えて作っちゃったので、
作り直さんならん、ゆうてたで、と。

いや、ムリに「間違い仲間」に引きずり込まんでも(笑)
私が見た分は、もう「冬の陣」に直ってたけど、
「若宮八幡大神宮 佐竹義宣」あたりで検索すると、
「夏の陣」になってる写真が出てくる。
ネットの普及ってコワイワね。

koudai2 (9)

ご朱印と一緒に、御由緒が載ってるからと、暦と、
来年になったら、ボールペン立てにもできるからと、干支の置物をいただいた。
変な説明だなー、と思ったら、もう今年も後2月ほどになったんだなと、
後で思い至った。
今頃、今年の暦と干支の置物だけど、ってことだったのね。

置物は、ボールペンだとバランス悪そうなので、
爪楊枝入れにでもさせていただこうと思います(^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)