鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
若宮八幡大神宮
大阪市城東区蒲生4-3-16

前回の阿遅速雄神社行宮から、たぶんバスにも乗れたんだろうけれど、
路線が解らないのもあって、てくてく歩いた。
神社に近づいて、まず目に入ったのがこれ。

P1380244.jpg

佐竹義宣本陣跡の碑。
ピッカピカで、新しいんだろうなーと思いつつ、よく見ると、
昭和58年建立。
石は30年程度じゃそんなに劣化しないのか。

これが、後々話題になるとも思わず、写真撮ってそのまま鳥居に向かう。
そう、後で話題になるので(うちのブログで)、覚えておいてくださいね。
たぶん3、4日後ぐらい。
またもったいぶりますよ(笑)

P1380262.jpg

鳥居をくぐって、左手に手水舎。

P1380249.jpg

井戸のフタの上で、タイに乗ったえべっさんが
イェ━━━━━ヽ( ゚Д゚)ノ━━━━━━イ!!(笑)

P1380250.jpg

その向こうに、絵馬に囲まれた牛。
の、奥になんかおる。
飛雄馬を見守る明子姉ちゃんのような祠。

P1380263.jpg

乾大神。
金運の神様ですって。
はあ、あやかりたい金借りたい。

P1380251.jpg

祖霊社。

P1380260.jpg

豊受稲荷大神。
うん、なんだろう。
お稲荷さんの御祭神が、豊受大神なのはよくあるけれど、
お稲荷さんの額に「豊受稲荷大神」と書いてあるのは、初めて気づいたぞ。
神社の額に御祭神というのも、普通にあることだし、
おかしなことじゃないんだけど、なんだか意外な気がしてしまった。

P1380247.jpg

拝殿。

P1380252.jpg

本殿。
御祭神は、オオササギのミコト。
大雀命とか大鷦鷯尊と書いて、仁徳天皇のこと。
そうか、応神天皇(八幡様)の子(若宮)だから、
若宮八幡大神宮なんだね。

拝殿の右側には社務所があって、宮司さんらしき人もいたのだが、
ご朱印は頂かなかった。
なぜなら、私がお参りする前からずっと、
団体さんに神社の説明をされていて、
私が一通り写真を撮り終えても終わる気配がなかったから。
いわゆる「歩こう会」的な集まりなのかな。
私より少し年上っぽい男女十数人くらいが、宮司さんの説明を受けてました。

もちろん写真を撮りながら盗み聞き(笑)

P1380266.jpg

このだんじり小屋のだんじりが、とか言ってたので、
ほう、写真撮っておこうと、撮ったはいいけど、もう既に、
なんだったか忘れた(;^ω^)
確か、古くて貴重とか、なんとか…


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)