鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビリケン神社
大阪市浪速区恵美須東3-6-1

スパワールドから、通天閣の方を向く。

GEDC0007.jpg

約6年前。
づぼらやのふぐからの通天閣。
よくある、大阪らしい画像。

P1380201.jpg

だいたい同じところからの、今。
ここで左を向くと。

P1380190.jpg
 
串カツ屋さんの1階に、ビリケン神社。
系統としては、道頓堀の「一寸法師大明神」と同じ感じか。
いわゆる一般的な神社とは違うけれども、
一時的に設置される、企画物の神社とも違い、
それなりに、地域の歴史に係わるものが御神体、という辺りが。

P1380194.jpg

御神体のビリケンさん。
この周辺は、こちらの神社に限らず、あちこちの店先とかに、ビリケンさんがいる。
ビリケンさんは、顔つき的に中華な感じっぽいけど、実はアメリカ人。
人?(笑)

アメリカ人芸術家が造った像を元に、アメリカの企業が制作販売し、
世界的に広まった「幸運の神様」
明治の終わり頃、日本にも入ってきて家内和合商売繁盛の神
として流行ってたそうで、その頃開業した「ルナパーク」にも、
「ビリケン堂」が儲けられ展示されたんだそうだ。
2012年の新世界100周年を記念して、
かつてビリケン堂のあった場所に、ビリケン神社を建立したんだそうだ。
お堂のあった場所の神社って、日本的(笑)
お堂でいいじゃん。
赤い鳥居が人目を引きやすいからかしら?

GEDC0016.jpg

ちなみに通天閣のビリケンさんも、100周年を期に、三代目に交代したらしい。
これは二代目。

GEDC0016-1.jpg

ぼけてしまってるが、撫でられ続けて、足の裏がすり減ってしまってるのが
おわかりいただけるだろうか。

ところで。

P1380190-1.jpg

神社の上にあるお相撲さんの絵。

P1380190-2.jpg

まわしが何かのキャラクターに見えてしょうがないんだな(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。