鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
股ヶ池明神 2
大阪市阿倍野区桃ヶ池町1丁目9-24

橋のところまで戻ってきて、正面の鳥居をくぐり、階段を上る。

P1380115.jpg

階段の途中に祠。
特に書いたものは見あたらないが、位置的に祓戸神的なものかしら?

P1380116.jpg

階段上りきったところにも、また鳥居。

P1380117.jpg

手水。

P1380118.jpg

境内は思ったより広い。

P1380119.jpg

階段上りきった正面に拝殿。
御祭神は、丸高龍王、丸高大神(学問の神様)
       丸長龍王、丸長大神(商売の神様)

飛鳥時代股ヶ池の浮島に、怪物の死体が見つかった。
聖徳太子がこれを埋めたが、その後も怪異が続いたので、
おろち塚を作って祀った。
この塚は昭和初期まで残ってたそう。

それから数百年後、ある信心深い人の夢に、龍が出てきて、
股ヶ池で祀って欲しいと言ってきた。
信心深い人は「神のお告げだ」と、早速、おろち塚の北側に、
丸高、丸長の二大龍王として、祀った。

P1380124.jpg

ご神木の前に、力石と、ヘビ柄の石。

P1380126.jpg

P1380131.jpg

境内には、こんな感じの石碑があちこちに。
思ったよりは広いが、それでも小規模な境内に、
いろいろてんこ盛りで祀られている。
外周も含めて。

P1380128.jpg

そのうちのひとつの石像。
猫?タヌキ?

P1380142.jpg

横から見るとお坊さんっぽい。
けど耳付き。
タヌキ和尚的な?
顔は人っぽいから、猫耳頭巾なのかな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
残る資料によれば、猫ではなく狸像で権八大明神という狸神の像です。
風雨でかなり削れてきてる感もあり、祠作らないとなあ…と思っております。(予算皆無だけど)
明治とか大正とか存命の古老も知らない頃に盛んに狸神信仰があったようで、堂内にも狸の彫られた権七大明神碑などあったりしまして
ちなみに、今秋に、神職、僧侶を招いて、秋の観月祭に乗じて今年忘れ去られていた戦前の狸神祭祀を再開してみました。
2015/12/26(土) 05:31:36 | URL | by地元人 (#JalddpaA) [ 編集]
階段の小祠なんですけど、
三劒竜王という名で、厳島神(宗像三女神)を竜神として祀ってるようです。
しかも法華行者がどうも祀るときに係わった様子で…
祓い的な意味合いもご指摘の通りあるのではないかとも思います。
これもボロボロで修繕しないといけないです…
2015/12/26(土) 06:00:53 | URL | by地元人 (#JalddpaA) [ 編集]
Re: タイトルなし
地元人様

くわしい情報ありがとうございます。
なんだかこう、熱心にお世話されている方のお話を聞くと、
部外者ながら、うれしく思います。

階段の祠は、お参りさせていただいたときは、そんなにボロボロには見えなかったんですが。
そうですか。
きっとお手入れが行き届いているので、ボロボロに見えなかったんでしょうね。
2015/12/26(土) 19:11:46 | URL | by猫舌=・ω・= (#EpxNsFzw) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)