鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
稲荷大神と鶯塚
大阪市北区長柄東二丁目7

KIMG0139.jpg

道の上というか、道と道の間の緩衝帯というか、
遊歩道的なところに神社。

KIMG0140.jpg

お、ここには立派な由緒書きがあるのね。
と、見に行ったら「鶯塚」の由緒書き。
写真撮り忘れたけど、この看板の裏、本道の方からよく見える方には、
でっかく鶯塚と書いてあった。

長者に姫がかわいがってた鶯の塚だとか、天皇関係の墓かも知れない、とか、
ここで仇討ちがあったとか。

KIMG0161.jpg

神社の裏側。

KIMG0144.jpg

玉垣の端っこのところに鶯塚。

KIMG0153.jpg

玉垣に食い込む形の手水(神社側)

KIMG0158.jpg

外側にはこの貼り紙。

KIMG0159.jpg

にじんで赤丸が見えにくいのと、よく見たら角度が違ってるので、
たぶんこの辺、というところに○をしてみたが、刻印は解らない。

KIMG0159-1.jpg

大きい画像も用意してみたので、よかったら探してください。
(クリックで拡大)

ところで、ここの神社は宙海さんが探してきて教えてくれたのだが、
その時、Googleマップを見ながら、なんの神社だろうかと話してたら、
すぐ側に「ふぐの神」の文字。
ふぐの神さんやてかいてあるで、というと、
即座に、そりゃあ隣の店の名前だと、つっこまれた(;^ω^)

KIMG0154.jpg

ほんまや。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。