鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茨住吉神社の鳥居
さて、「変わった鳥居だ」と、コメントもいただいた茨住吉神社の鳥居。

P1370944.jpg

確かに、ちょっと変わった形をしている。

P1070710.jpg

よく似た形で、よく知られているものとしては、
三ツ鳥居または三輪鳥居といわれる、メインの両脇に小さい鳥居があるもの。
坐摩神社の三ツ鳥居。

P1260181.jpg

形的にはこっちの方が近いかも。
泉尾神社の鳥居。

P1260181-1.jpg

ぱっと見、鳥居の後ろの門、みたいに見えるが、
ちゃんと一体化してるのよ。
ほらほらほら。

茨住吉神社の、左右の門になっているところは、
(真ん中の鳥居のところも、時間が来れば閉まるが)

GEDC2619.jpg

太融寺のこれとか、

GEDC2554.jpg

露天神のこれとかに見られる、「冠木門」と呼ばれるものだと思うんですが。

冠木門(かぶきもん)は、鳥居の起源をこれに求める説もあるそうで、
非常に大きくくくるなら、三ツ鳥居と呼べないこともない…のか?

真ん中だけなら、住吉鳥居にするんだけどな。
いや「電車乗っていくねん」の鳥居の分類で。
たぶん変わった鳥居に入れることになると思うけど。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。