鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時代の流れか
私も結構、細かいところを回ってるつもりだが、
それ以上に回っておられるのが「Zaqzaq.info」というサイトさん。
時々そこを見て、神社めぐりの参考にさせていただいている。

今回前回の、中央区の神社めぐりは、そこを見て行ってきたもの。

で、その中で記事にあるものの、GoogleMapでの下調べで
発見できなかった神社がある。
大阪市中央区東平1丁目3の末広大明神。
(サイトでは天王寺区上汐で紹介されていた)

P1370725.jpg

2015年9月2日の東平1丁目3付近。
スカッとした直線道路。

P1370726.jpg

たぶんこの辺りのはず。

P1370728.jpg

もしや?と思って眺めると、意味深な位置の、アスファルトの張り直し。
そう、どうやらここにあった神社は撤去されているみたい。

そりゃ、あんたが場所、勘違いしてるだけでしょ?
と、いわれそうだが、興味のある方は、Googleで
「大阪市中央区東平1丁目3」で検索してGoogleMapを出してみて欲しい。
そしてストリートビューにして、

例

左上の四角の中の○をクリックして、過去のストリートビューを出してみて欲しい。
(一番左の、2009年辺り)
向きが違ってたら、その場でくるくる回ってみてもらえたら、
道の真ん中の木と鳥居が見えるはず。

そう、つまりやっぱりここに神社はあって、今はない、ということ。

実はその後調べていたら、撤去当日を目撃された方のブログも出てきた。
朝、出勤時に、作業員を見かけたので、ご神木の下枝でも払うのかと思ってたら、
帰りに見たら、何もなくなっていたとか。

その間に、もしくは前日までに、なにがしかの神事があったのかも知れない。
でも、私の今までの常識からすると、道の上の、いかにも邪魔になりそうな場所に
あるにもかかわらず、伐採撤去されずに残っている木は、伐採しようとした人に
不幸が起こるなどの曰くがあって、そのまま残され祀られている。
そんな感じなんだが、結構あっさり撤去されるんだ。
もうこりゃ、私的大ショックなわけですよ。

ご神木は既に枯れていたと言うから、もう神様はいなくなってた?
周辺ががらっと様変わりしている感じから、もう信仰する人が絶えて、
神様がいなくなってた?
上町台地って、確か断層があったような?

戦争も、高度成長期も、バブルも乗り越えてきたのに、
今になって、撤去。
いや、今だからか。

実は谷町7丁目の楠木大神は、ここから北へ突き当たって西に向かった、
徒歩5分程度の場所にあるんだけれど、そことの差を感じ、
何とも言われぬ気分になったり。

あと、ここが特に何ともなかったら、他に、道の真ん中の
「祟りがある木」として残されている場所が、
「あ、じゃあうちも切っちゃおうよ」になっちゃうのかな?
そうなったとしても、止める術もないから、私ができるのは、
できるだけ多く回って、写真を残すことくらいだな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
たぶん、伐採されたのは、神木が枯死していたからでは?
台風などで神様が、折れたり、倒れたりして民を傷つけては、いけないでしょうから・・・
2015/09/08(火) 19:50:20 | URL | byネット (#1wIl0x2Y) [ 編集]
Re: タイトルなし
枯れたので伐採、はその通りだと思うのです。
道路の真ん中で危ないですし。
謂われのあるご神木が枯れてしまえば、
生活に支障のある道路の真ん中で祀る必要はないんだと、解ってるんですけど。

どこ行っちゃったのかなー、ここの巳さん。
マンションの屋上に行っちゃったのかなー。
とか。
2015/09/08(火) 20:49:34 | URL | by猫舌=・ω・= (#EpxNsFzw) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。