鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
まちのおみやさん
私は主に、近畿の神社を回っていて、
しかも、公共交通機関を利用しているので、
だいたいが町の中の神社をお詣りしている。

GEDC1507_201508062219240f5.jpg

東淀川区松山神社

なので、神社のまわりに住宅が密集しているようなところは、珍しくもなく。

P1190508_201508062219262f1.jpg

福島区天神社
併設されている幼稚園の駐輪場とか、

SN3R0110_20150806221947c64.jpg

摂津市藤森神社
むしろ境内が園庭とか。
ハイブリッド(?)な神社もよく見かける。
あと、境内が駐車場とか。

GEDC1474_2015080622192392d.jpg

中央区少彦名神社
その土地の神様であるから、ビルの谷間というか、
まるで中庭のようなところや、

P1370620_2015080622194674f.jpg

北区北向地蔵尊
ここはお地蔵さんだけど、阪急電車の下とか、

P1370596.jpg

浪速区葵稲荷大神
南海電車の下とか、

P1350330_20150806221927c86.jpg

寝屋川市萱島神社
京阪電車の下からご神木突き抜け。

みたいな、狭くとも神社を残していこうという気持ちが感じられる。

そもそも、イザナミが「おまえの民草毎日1000人コロす」
と宣言したときに、
「じゃあ、毎日1500人生まれさすから、いいもん」と、
神々の父たるイザナギが言い返したんだから、
毎日人口500人増で、どんどん住むところが必要になるんだから、
神社が狭くなっても、神様としては、我慢せざるをえないのかもね?

いや、もちろん広い境内に、木々の茂った杜のあるところも、
沢山あるんだけどね。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)